サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

図書館と知的自由 管轄領域、方針、事件、歴史

図書館と知的自由 管轄領域、方針、事件、歴史

  • 川崎 良孝(編著)/ 吉田 右子(著)/ 安里 のり子(著)/ 福井 佑介(著)
  • はじめに:図書館における知的自由の管轄領域
    • 1 図書館における知的自由の思想的根拠
    • 2 図書館における知的自由の管轄領域とジュディス・F.クラグ(1)
    • 3 図書館における知的自由の管轄領域とジュディス・F.クラグ(2)
    • 4 図書館における知的自由の管轄領域とジュディス・F.クラグ(3)
  • 第1章 図書館と知的自由
    • 1節 図書館と知的自由:ジュディス・クラグ(1)
    • 2節 図書館と知的自由:ジュディス・クラグ(2)
    • 3節 本書の構成
  • 第2章 社会の変化とアメリカ図書館協会
    • 1節 はじめに:1967年アメリカ図書館協会サンフランシスコ年次大会とエリック・ムーン
    • 2節 1968年のアメリカ社会とアメリカ図書館協会
    • 3節 1969年アメリカ図書館協会アトランティックシティ年次大会前史
    • 4節 1969年アメリカ図書館協会アトランティックシティ年次大会
    • 5節 1970年の社会状況とアメリカ図書館協会シカゴ冬期大会
    • 6節 1970年アメリカ図書館協会デトロイト年次大会
    • 7節 1971年のアメリカ図書館協会とヴェトナム反戦決議の採択
    • 8節 社会の変化とアメリカ図書館協会
  • 第3章 黒人と図書館:『ザ・スピーカー』論争(1977−1978年)
    • 1節 はじめに:映画『ザ・スピーカー』
    • 2節 『ザ・スピーカー』制作前史
    • 3節 アメリカ図書館協会理事会の決定(1976年4月)から映画の完成まで
    • 4節 アメリカ図書館協会理事会の動き(1977年4月)と問題の公然化
    • 5節 アメリカ図書館協会デトロイト年次大会(1977年6月)
    • 6節 デトロイト大会から1978年冬期大会(1978年1月)まで
    • 7節 アメリカ図書館協会シカゴ冬期大会(1978年1月)での議論
    • 8節 黒人と図書館:『ザ・スピーカー』論争
  • 第4章 女性と図書館:平等保護修正案(ERA)とアメリカ図書館協会(1977−1982年)
    • 1節 はじめに:図書館専門職と社会的責任
    • 2節 平等保護修正案をめぐるアメリカの動向
    • 3節 アメリカ図書館協会の平等保護修正案をめぐる方針と活動
    • 4節 平等保護修正案とアメリカ図書館協会
  • 第5章 同性愛差別と図書館:同性愛差別法反対運動とアメリカ図書館協会(1992−1994年)
    • 1節 はじめに:図書館専門職と社会的責任
    • 2節 同性愛をめぐるアメリカ社会とアメリカ図書館協会の動向
    • 3節 オレゴン州スプリングフィールド市憲章修正案と図書館界
    • 4節 コロラド州憲法第2修正と図書館界
    • 5節 オハイオ州シンシナティ反同性愛保護条例と図書館界:1995年アメリカ図書館協会年次大会開催地の変更をめぐる議論
    • 6節 同性愛差別法とアメリカ図書館協会
    • 7節 同性愛差別法反対運動とアメリカ図書館協会
  • 第6章 反ユダヤ主義と図書館:マッカルデン事件(1983−1985年)
    • 1節 はじめに:図書館倫理と人種偏見
    • 2節 ホロコースト否定文献にたいする図書館の異なる立場
    • 3節 マッカルデン事件
    • 4節 カリフォルニア州図書館協会の対応
    • 5節 アメリカ図書館協会の方針の変遷
    • 6節 マッカルデン事件と図書館における知的自由
    • 7節 反ユダヤ主義と図書館:マッカルデン事件
  • 第7章 情報の自由な流れをめぐる対立:アパルトヘイトとアメリカ図書館協会(1985−1991年)
    • 1節 はじめに:ミネアポリス公立図書館長アーヴィン・ゲインズ
    • 2節 1985年;アメリカ図書館協会の最初の取り組み
    • 3節 1986年:アメリカ図書館協会の一体性を示す決議の採択
    • 4節 1987年:問題の本格化と知的自由委員会の登場
    • 5節 1988年:知的自由委員会の基本的な考え
    • 6節 1989年:社会的責任ラウンドテーブルの活動
    • 7節 1990年:知的自由委員会、社会的責任ラウンドテーブル、国際関係委員会の動きと対立
    • 8節 1991年アメリカ図書館協会冬期大会:『表現の自由への万人の権利』の採択
    • 9節 アパルトヘイトとアメリカ図書館協会
  • 第8章 図書館と知的自由:アメリカ図書館協会における価値の対立と社会的立場の表明
    • 1節 はじめに
    • 2節 図書館と知的自由における論理
    • 3節 図書館の専門職団体と社会的立場の表明
    • 4節 おわりに