サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

  • 序章 高麗・元関係史研究の意義と課題
    • 一 高麗・元関係史研究の意義と本書の視座
    • 二 学説史とその問題点
    • 三 本書の構成
  • 第1編 モンゴル支配層のなかの高麗王家
  • 第一章 【フ】馬高麗国王の誕生
    • 一 問題の所在
    • 二 公主降嫁をめぐる高麗王家の率先帰服
    • 三 高麗に対する公主降嫁の事情
    • 四 【フ】馬から【フ】馬高麗国王へ
    • 五 小結
  • 第二章 高麗王位下とその権益
    • 一 問題の所在
    • 二 高麗王位下の権力組織
    • 三 投下領としての高麗本国
    • 四 高麗王の掃里
    • 五 瀋陽路の投下領
    • 六 小結
  • 第三章 高麗王家とモンゴル皇族の通婚関係に関する覚書
    • 一 問題の所在
    • 二 モンゴル帝室の通婚関係の諸形態
    • 三 高麗王家とモンゴル皇族の通婚過程
    • 四 通婚パターンの特徴
    • 五 小結
  • 第四章 元朝ケシク制度と高麗王家
    • 一 問題の所在
    • 二 高麗王族のケシク参与に関連する史料用語
    • 三 ケシクとなった高麗王族の事例
    • 四 禿魯花の派遣とケシク参与との関係
    • 五 高麗・元関係におけるケシク制度の意義
    • 六 小結
  • 第2編 相互連絡のインターフェースと高麗・元関係
  • 第五章 高麗王とモンゴル官府・官人の往復文書
    • はじめに
    • Ⅰ 対元講和前の文書
    • 一 問題の所在
    • 二 高麗側文書の差出名義と形式
    • 三 高麗側文書の歴史的文脈
    • 四 高麗史料からみたモンゴル官人の文書
    • 五 小結(1)
    • Ⅱ 牒と咨のあいだ
    • 一 問題の所在
    • 二 牒式文書
    • 三 咨式文書
    • 四 小結(2)
  • 第六章 大元ウルスと高麗仏教
    • 一 問題の所在
    • 二 松広寺法旨の内容について
    • 三 松広寺法旨の発令年次と発給経緯について
    • 四 松広寺法旨の発給をめぐる時代背景
    • 五 小結
  • 第七章 高麗における元の站赤
    • 一 問題の所在
    • 二 站赤敷設問題の発生
    • 三 慈悲嶺以北の高麗西北部におけるルート
    • 四 慈悲嶺以南の高麗中・南部におけるルート
    • 五 西京〜双城間のルート
    • 六 済州島〜鴨緑江口間の水站ルート
    • 七 小結
    • 補論
  • 第八章 『賓王録』にみる至元一〇年の遣元高麗使
    • 一 問題の所在
    • 二 李承休と『動安居士文集』ならびに『賓王録』
    • 三 遣使の経緯と使節団の編成
    • 四 往復の道程
    • 五 燕京での迎接
    • 六 宮廷その他における儀礼
    • 七 高麗使が差し出す礼状
    • 八 小結
  • 第3編 帝国における王国の存立
  • 第九章 事元期高麗における在来王朝体制の保全問題
    • 一 問題の所在
    • 二 「世祖旧制」論の検討
    • 三 在来体制保全の形式的枠組み
    • 四 「不改土風」の内実
    • 五 小結
  • 終章 元における高麗の機能的位置
    • 一 問題の所在
    • 二 甲戌・辛巳の役と高麗
    • 三 高麗の“対日前線”化
    • 四 モンゴル皇族との通婚背景
    • 五 交通・経済政策と王朝体制の保全
    • 六 まとめ