サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~8/31

目次

アウグスティヌスの教育の概念

アウグスティヌスの教育の概念

  • 神門 しのぶ(著)
  • 序章
    • 第1節 本論文の目的と課題
    • 第2節 問題の背景にあるもの
    • 第3節 本論文の構成
  • 第一章 アウグスティヌス教育思想研究の問題点
    • はじめに
    • 第1節 アウグスティヌス研究の近年の動向
    • 第2節 教育学領域における先行研究
    • 第3節 第一の問題点
    • 第4節 宗教教育の立場からの先行研究
    • 第5節 第二の問題点
    • 第6節 教育の構造とキリスト教的要素の接点
    • おわりに
  • 第二章 アウグスティヌスの教育的認識論
    • はじめに
    • 第1節 『教師論』の構成と主題
    • 第2節 照明説の内容と目的
    • 第3節 アウグスティヌスにとっての照明説
    • 第4節 教育的認識論としての照明説
    • 第5節 照明説の方法論的限界
    • 第6節 照明説の教育学的意義
    • おわりに
  • 第三章 司教アウグスティヌスの教育活動
    • はじめに
    • 第1節 当時の入信者教育のあらまし
    • 第2節 『手ほどき』の全体構成
    • 第3節 「話の仕方」について
    • 第4節 「掟を与え、勧告を行なう仕方」について
    • 第5節 「快活さを獲得する方法」について
    • おわりに
    • 〈参考〉デクレ旧版による『手ほどき』の見出し語
  • 第四章 『教えの手ほどき』における教授方法としてのナラチオ(naratio)
    • はじめに
    • 第1節 修辞学におけるナラチオ概念
    • 第2節 『手ほどき』におけるナラチオ
    • 第3節 ナラチオの相対的特徴
    • 第4節 ナラチオの本質的属性
    • おわりに
  • 第五章 〈教え〉の諸相
    • はじめに
    • 第1節 「教える」を意味する三つの動詞
    • 第2節 『手ほどき』の独自性
    • 第3節 教育者に与えられる被教育者としての地位
    • おわりに
  • 第六章 アウグスティヌスの教育観における政治的側面
    • はじめに
    • 第1節 キケロとアウグスティヌスの思想上の師弟関係
    • 第2節 『手ほどき』にでてくる動詞インストゥルエレ(instruere)の用例
    • 第3節 クリストファーによる示唆の検討
    • 第4節 キリスト教的文脈における〈準備〉の概念
    • 第5節 〈教える〉行為によって形成されるもの
    • おわりに
  • 第七章 『告白』にみる対話的状況の成立
    • はじめに
    • 第1節 教育的課題としての対話
    • 第2節 考察対象の限定
    • 第3節 テクストの検討
    • 第4節 対話を培う言語理論
    • おわりに
  • 第八章 アウグスティヌス思想における教育の構造
    • はじめに
    • 第1節 アウグスティヌスの教育的思索の構成要素
    • 第2節 学習行為論と教授行為論の内的関連性
    • 第3節 狭義の教師論から広義の教師論へ
  • むすび
  • 補論 アウグスティヌスの教育論からみた自由学芸の「自由」について
    • はじめに
    • 1 問題の所在
    • 2 「自由」にかんするアウグスティヌスの言及
    • 3 自由学芸の歴史の概観
    • 4 カリキュラムとしての自由学芸
    • 5 アウグスティヌスの自由学芸史的位置づけ
    • おわりに