サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

目次

  • 序章 「農民政策」から日本農政を捉え直す
    • 1.日本農政における「人」の問題
    • 2.なぜ「農民政策」は見過ごされたのか?−研究史の問題点と本書の視角
    • 3.農業政策研究における農民政策分析の不在
    • 4.「石黒農政」評価と農民政策
    • 5.移民政策研究における戦時と戦後の断絶
    • 6.農本思想研究における2つの欠落−受け手側の反応と戦後分析の不在
    • 7.本書の課題と構成
  • 第1章 戦時体制下農民の意識と行動
    • 1.道府県農会報を分析することの可能性と意味
    • 2.共同作業の実態−労働・生活
    • 3.農民訓練に対する反応
    • 4.農民意識の多様性と戦時農会の位置
  • 第2章 加藤完治の営農指導
    • 1.実地における農業指導者・加藤完治と入植者たち
    • 2.入植から加藤完治組合長辞任まで
    • 3.加藤弥進彦組合長による経営形態の転換
    • 4.定着の要因−教育としての開拓
    • 5.加藤完治の営農指導−その虚像と実像
  • 第3章 農業労務者派米事業の成立過程
    • 1.戦後農政としての農業移民という視点
    • 2.農業労務者派米事業をめぐる時代状況
    • 3.農業実習生派米事業と国際農友会
    • 4.農業労務者派米事業をめぐる農林省と外務省の対立
    • 5.農業労務者派米協議会発足と事業の開始
    • 6.戦後移民を推進したアクターたち
  • 第4章 農民道場の戦後
    • 1.農林省における戦後教育改革
    • 2.修錬農場(農民道場)の発足および戦時期の変化
    • 3.戦後の内容「刷新」−開拓増産修錬農場・経営伝習農場
    • 4.施設教育の推移−1950年代〜70年代
    • 5.新農業大学校の発足
    • 6.「農民教育の三本柱」の現在
  • 第5章 農村青年対策としての青年隊組織
    • 1.「参加する側」からの視点−なぜ青年隊組織は推進されるのか?
    • 2.戦時期・戦後直後における青年隊組織
    • 3.産業開発青年隊・農村建設青年隊
    • 4.青年海外協力隊
    • 5.青年隊組織と「満洲の残像」
  • 第6章 農業政策としての戦後移民政策
    • 1.戦後移民と現代世界・現代日本
    • 2.戦後移民政策の開始と外務省・農林省の動向−1950年代
    • 3.新たな意義の模索−1960年代・70年代
    • 4.移民政策の終焉−1980年代・90年代
    • 5.移民政策の継続と農林省の関与
    • 6.日系ブラジル移民研究の再検討
    • 7.戦後日本の国家像と戦後移民
  • 終章 戦時・戦後農民政策の展開と石黒農政の戦後
    • 1.農民政策の具体相
    • 2.戦後における農民政策の展開
    • 3.農民政策の戦時と戦後
    • 4.内原グループと農民政策−戦後における分岐
    • 5.石黒農政再考
    • 6.戦後農政の展望−むすびにかえて