サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 歴史の転換に伴う問題的情況にどう迫るか
  • 第Ⅰ章 「翻身」をキーワードとする分析枠組み
    • 一 本書の対象と方法
    • 二 本書における「翻身」とは
    • 三 責任の問い方や主体観をめぐる問題
    • 四 「転向」から「翻身」へ
  • 第Ⅱ章 戦前世代の青年期における根源的・個人的変化
    • 一 第一世代の知的エリート
    • 二 第二世代の敗戦体験
    • 三 戦後における中国認識の転換
  • 第Ⅲ章 日中復交をめざす政治としての文革認識
    • 一 新中国に対する強い不信と警戒
    • 二 中国認識転換の政治的・経済的要因
    • 三 転換後の中国認識に規定された文革認識
    • 四 その後の言論活動の変化
  • 第Ⅳ章 メディアにおける政治としての文革認識
    • 一 戦前の記憶における中国と文革認識
    • 二 朝日新聞記者としての中国観と文革認識
    • 三 「林彪事件」と日中国交正常化
    • 四 元北京特派員の回想における弁明と自負
  • 第Ⅴ章 革命理論・思想としての文革認識
    • 一 毛沢東思想研究者・文革論者としての新島淳良
    • 二 「文革礼賛派」との訣別とコミューン幻想の帰結
    • 三 革命後継者たちの文革現地体験
  • 第Ⅵ章 運動としての文革認識
    • 一 日中友好運動を通した文革認識
    • 二 斉了会の学生訪中団派遣運動を通した文革認識
    • 三 「中帰連」の分裂と再統一を通してみる文革認識
  • 第Ⅶ章 「六〇年代」の学生運動と文革認識
    • 一 学生運動における文革認識
    • 二 ノンセクト学生にとっての一九六〇年代と文革認識
  • 終章 文革認識の語り方と「翻身」の意味
    • 一 各章の小括を通してみる「翻身」の比較事例のまとめ
    • 二 共時的・通時的分析軸に沿った「翻身」の比較分析と考察