サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

目次

  • Ⅰ はじめに
    • 1 問題意識
    • 2 本論文のアプローチ
  • Ⅱ チェック・トランケーションについて
    • 1 定義
    • 2 スキーム
    • 3 導入効果
  • Ⅲ 先行研究
    • 1 決済システムが内包する課題
    • 2 チェック・トランケーションを巡るわが国の議論
    • 3 決済システムをめぐる言説
  • Ⅳ わが国の取組状況(事例研究1)
    • 1 本格的検討のきっかけ
    • 2 導入推進期の検討状況
    • 3 検討凍結への道
  • Ⅴ 諸外国の取組状況(事例研究2)
    • 1 アメリカ
    • 2 中国
    • 3 インド
    • 4 フランス
    • 5 ドイツ
    • 6 シンガポール
    • 7 韓国
    • 8 諸外国の動向に留意すべき理由
  • Ⅵ 決済システムの業界構造分析
    • 1 分析のための準備
    • 2 顧客(購入者)分析
    • 3 供給者分析
    • 4 代替品分析
    • 5 競合分析
    • 6 新規参入
  • Ⅶ 衰退業界における戦略と戦略的撤退
    • 1 わが国における手形・小切手の取扱状況
    • 2 衰退業界としての手形交換業務の評価
  • Ⅷ プラットフォームとしてのチェック・トランケーション
    • 1 ネットワーク外部性に基づく考察
    • 2 業界標準の視点からみた普及可能性
    • 3 プラットフォーム財としてのチェック・トランケーション
  • Ⅸ ベンチャービジネスとしての可能性
    • 1 考察の起点
    • 2 新規事業化に向けた戦略の可能性
    • 3 経済政策としての決済システム
    • 4 戦術の重み
  • Ⅹ まとめと今後の課題