サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

目次

  • 第1章 近代日本語学説史の提案
    • 1.研究問題としての「国語学」
    • 2.日本語研究の始発と展開
    • 3.近代的日本語研究の創始者本居宣長
    • 4.明治期の日本語観察
    • 5.大正・昭和期の国語学
    • 6.教養主義と専門的記述主義
  • 第2章 本居派古典語学の近代的性格
    • 1.問題の所在
    • 2.明治維新と仮名遣い
    • 3.日本音韻学および音声学と音韻論
    • 4.明治以降の本居派テニヲハ学
    • 5.自動詞・他動詞と宣長の「自他」
    • 6.啓蒙的学術としての本居派古典語学
  • 第3章 本居宣長のテニヲハ学
    • 1.日本語テクスト解釈の歴史的成立
    • 2.テニヲハ研究の近世的展開
    • 3.『詞の玉緒』のテニヲハ論
    • 4.『てにをは紐鏡』の発想
    • 5.『古今集遠鏡』の思想
    • 6.『玉あられ』の思想
  • 第4章 本居宣長の音韻学
    • 1.『字音仮字用格』の啓蒙的意図
    • 2.漢字の民衆への下降
    • 3.音変化を経た後の字音表記
    • 4.字音仮名遣いと古代日本語音声の復元の関係
    • 5.まとめ
  • 第5章 明治以降の音韻学
    • 1.はじめに
    • 2.敷田年治『音韻啓蒙』
    • 3.『古事類苑 文学部一』の「音韻論」
    • 4.『音韻調査報告書』の学史的意義について
    • 5.phonetics以降の音韻学
    • 6.音韻学の再理論化としての有坂秀世の「音韻論」
  • 第6章 phonologyと有坂秀世の「音韻論」
    • 1.はじめに
    • 2.1930年前後の学界動向
    • 3.「音声の認識について」
    • 4.「Phonemeについて」
    • 5.プラハ学派批判について(上)
    • 6.プラハ学派批判について(下)
    • 7.おわりに
  • 第7章 有坂の神保格批判と金田一京助との論争
    • 1.はじめに
    • 2.神保格「共通な要素」批判
    • 3.神保説の雑居的性格への批判
    • 4.金田一京助への反論
  • 第8章 時枝誠記とソシュール『一般言語学講義』
    • 1.はじめに
    • 2.ソシュール学説の受容までの日本の言語研究の蓄積
    • 3.時枝誠記と言語過程説
    • 4.有坂秀世の音声理論
    • 5.トルベツコイの音声学批判の論点
    • 6.有坂のプラハ学派批判
    • 7.現象学と近代的日本語研究
  • 第9章 山田文法における「統覚作用」の由来
    • 1.はじめに
    • 2.語、句、統覚作用
    • 3.統覚作用と言語的統一の関係について
    • 4.統覚作用Apperceptionの由来と原義
  • 第10章 国語学とドイツ哲学
    • 1.日本語研究の近代化と研究理念への模索
    • 2.山田孝雄とカントの哲学
    • 3.時枝誠記の言語過程説と現象学
    • 4.有坂秀世「音韻論」と現象学
    • 5.伝統的日本語研究と西洋哲学
  • 第11章 日本文法学における「規範」の問題
    • 1.はじめに
    • 2.古典語学の規範観念の近代的展開
    • 3.反規範主義文法学説の登場
    • 4.教科研文法の単語の定義について
    • 5.奥田靖雄の単語論の特徴
    • 6.語彙的なものと文法的なもの
    • 7.教科研文法が保有する規範観念について
  • 第12章 近代日本語研究における教養主義
    • 1.山田孝雄の「文」の定義とドイツ哲学
    • 2.時枝誠記と有坂秀世を結ぶ現象学の系譜
    • 3.教科研文法とマルクス主義
    • 4.教科研文法の単語の定義の特徴と由来
    • 5.日本語研究における教養主義の系譜
  • 第13章 専門知「国語学」の創業
    • 1.橋本進吉のフィロロギー批判
    • 2.上代特殊仮名遣いの再発見と橋本の石塚龍麿批判
    • 3.橋本の国学批判とフィロロギー批判をつなぐもの
    • 4.専門知「国語学」の創業

日本語 ランキング

日本語のランキングをご紹介します一覧を見る