サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

目次

  • 第1章 人事・労務管理の史的展開
    • 1 はじめに
    • 2 人事・労務管理の意義
    • 3 人事・労務管理の対象と領域
    • 4 人事・労務管理から人的資源管理への発展過程
  • 第2章 職務の価値づけとその理論的根拠
    • 1 はじめに
    • 2 生産システムと作業体制の史的展開
    • 3 最近の生産システムと作業体制の編成
    • 4 職務の価値づけとその理論的根拠
    • 5 職務評価方法の特徴と問題点
    • 6 価値の芽生えと差異閾概念
    • 7 専門職制度と職能資格制度の機能
    • 8 合理的な職務評価方法の要件
  • 第3章 仕事の精神的過程
    • 1 はじめに
    • 2 仕事の裁量内容にみる意思決定過程
    • 3 ジャックスの裁量の時間幅方式
    • 4 仕事の内面的・精神的過程
  • 第4章 職務遂行能力における精神的能力
    • 1 はじめに
    • 2 日本企業における能力概念−職務遂行能力
    • 3 ジャックスの能力論
    • 4 ジャックスの時間幅概念に対する評価
  • 第5章 教育訓練・能力開発制度の史的展開
    • 1 はじめに
    • 2 職場内・外教育訓練と能力開発の意義と方法
    • 3 戦後の人材育成管理の史的展開
    • 4 東洋大学経営力創成研究センター「日本発経営力の創成と『新・日本流』経営者・管理者教育アンケート調査」
    • 5 首尾一貫した経営哲学と人材育成施策
  • 第6章 人事考課の史的展開と公正性
    • 1 はじめに
    • 2 人事考課の史的展開
    • 3 人事考課の目的と方法
    • 4 人事考課の信頼性と妥当性の確保
    • 5 能力考課の変容−職務遂行能力からコンピテンシーへ
  • 第7章 MOT(技術経営)人材の育成−東日本旅客鉄道株式会社の事例を中心として−
    • 1 はじめに
    • 2 MOT(技術経営)人材の必要性
    • 3 JR東日本のMOT人材の採用と育成過程
    • 4 人事処遇制度の現状
    • 5 MOT人材の確保と育成過程
    • 6 JR東日本の人材育成の課題と展望
  • 第8章 女性労働者のキャリア形成過程−バブル経済崩壊以降を中心として−
    • 1 はじめに
    • 2 企業で働く人びとの女性化
    • 3 女性の仕事意識と企業の態度
    • 4 女性の就業意識とキャリア形成
    • 5 女性のキャリア形成の阻害・促進要因
    • 6 女性のキャリア形成の模索
  • 第9章 賃金の意義と機能
    • 1 はじめに
    • 2 賃金の概念と定義
    • 3 賃金体系と各種賃金項目
    • 4 仕事給の意義と内容
    • 5 賞与と退職金の意義と内容
    • 6 賃上げと生産性の関係
    • 7 福利厚生の意義と機能−現金によらない賃金
    • 8 新しい福利厚生施策−カフェテリアプランの導入ケース−
    • 9 バブル経済崩壊直後の賃金動向
    • 10 望まれる公正・公平な賃金支払い
  • 第10章 賃金体系合理化の史的展開−日本経営者団体連盟『賃金白書』にみる賃金体系合理化の推移−
    • 1 はじめに
    • 2 日本経営者団体連盟の誕生
    • 3 日経連『賃金白書』
    • 4 職務給・能率給−〈1948〜53年〉
    • 5 定期昇給制度−〈1954〜59年〉
    • 6 職務給・職能給−〈1960〜64年〉
    • 7 仕事給・職能給−〈1965〜73年〉
    • 8 職能給−〈1974〜82年〉
    • 9 賃金体系合理化の方向性
  • 第11章 職務給の史的展開−「日本的修正過程」を中心として−
    • 1 はじめに
    • 2 啓蒙・研究期〈1946〜48年〉−第1段階−
    • 3 初期実験期〈1948〜50年〉−第2段階−
    • 4 日本的修正期〈1950〜55年〉−第3段階−
    • 5 沈滞期〈1955〜60年代初頭〉−第4段階−
    • 6 全盛期(再導入期)〈1960年代前半〉−第5段階−
    • 7 転換期〈1965年〜オイル・ショック〉−第6段階−
    • 8 衰退期〈オイル・ショック以降〉−第7段階−
  • 第12章 職能給の史的展開−職能概念と類型化を中心として−
    • 1 はじめに
    • 2 職能給の職能概念
    • 3 職能給の史的展開
    • 4 職能給と資格制度の関係
    • 5 職能給の類型化
  • 第13章 職能給の特質と問題点
    • 1 はじめに
    • 2 職能給の特質
    • 3 職能給普及の促進要因
    • 4 職能給の問題点
    • 5 職能給の進路
  • 第14章 賃金体系における年功主義と成果主義の相克
    • 1 はじめに
    • 2 年功主義と成果主義の相克
    • 3 成果主義時代の到来
    • 4 成果主義化の内容
    • 5 理論面ならびに実態面からの考察
    • 6 70歳雇用時代に向けての賃金の考え方
    • 7 賃金・人事処遇制度の方向性
  • 第15章 賃金による動機づけ−賃金の心理学的研究領域−
    • 1 はじめに
    • 2 賃金に関する心理学的研究の展開
    • 3 賃金の心理学的研究の領域
    • 4 賃金の重要性
    • 5 賃金満足の必要性
    • 6 動機づけ要因としての賃金
    • 7 賃金の心理学的研究領域における成果
  • 第16章 賃金による公正感と心理的均衡
    • 1 はじめに
    • 2 公正の意義と公正理論
    • 3 公正理論の概念
    • 4 心理的均衡への条件
    • 5 公正理論研究の領域と成果
    • 6 公正理論研究の方向性
  • 第17章 仕事・能力・賃金の衡平性と公正性−Jaques,E.の心理的均衡理論を手がかりにして−
    • 1 はじめに
    • 2 仕事・能力・賃金についての若干の考察
    • 3 ジャックスの心理的均衡理論の形成過程
    • 4 ジャックス理論に対する主な批判
    • 5 日本における公正賃金水準の試算
    • 6 ジャックスの均衡理論の今日的意義
    • 7 日本における公正賃金水準の格差
  • 終章 成果主義的賃金・人事処遇制度における公正性−組織的公正理論の視点から−
    • 1 はじめに
    • 2 日本企業における成果主義の現状と課題
    • 3 組織的公正理論の成果主義的賃金・人事処遇制度への適用
    • 4 組織的公正理論からみる成果主義の問題点・改善点
    • 5 新しい人事部門の役割

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る