サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

目次

ブラウン有機化学 上

ブラウン有機化学 上

  • BROWN(ほか著)/ 村上 正浩(監訳)/ 井上 将行(ほか訳)
  • 1 共有結合と分子の形
    • 1・1 原子の電子構造
    • 1・2 結合のルイスモデル
    • 1・3 官能基
    • 1・4 結合角と分子の形
    • 1・5 極性分子と非極性分子
    • 1・6 量子力学(波動力学)
    • 1・7 分子軌道法と原子価結合法の統合
    • 1・8 共鳴
    • 1・9 共役系の分子軌道
    • 1・10 アルカン,アルケン,アルキンの結合長と結合の強さ
    • How to簡略化した構造式からのルイス構造式の書き方
    • How to共鳴構造式を書く:巻矢印と電子の押込み
  • 2 アルカンとシクロアルカン
    • 2・1 アルカンの構造
    • 2・2 アルカンの構造異性
    • 2・3 アルカンの命名とIUPAC命名法
    • 2・4 シクロアルカン
    • 2・5 アルカンとシクロアルカンの立体配座
    • 2・6 シクロアルカンとビシクロアルカンのシス−トランス異性
    • 2・7 アルカンとシクロアルカンの物理的性質
    • 2・8 アルカンの反応
    • 2・9 アルカンの供給源と重要性
    • How toシクロヘキサンの二つのいす形配座を書く
    • How to平面状のシクロヘキサン環をいす形に置き換える
  • 3 立体異性とキラリティー
    • 3・1 キラリティー:分子の掌性
    • 3・2 立体異性
    • 3・3 キラル中心の表記:R/S表示法
    • 3・4 キラル中心を二つ以上もつ鎖状分子
    • 3・5 キラル中心を二つ以上もつ環状分子
    • 3・6 立体化学に関する用語のまとめ
    • 3・7 光学活性:キラリティーを実験室でどのように観測するか
    • 3・8 生物におけるキラリティーの重要性
    • 3・9 エナンチオマーの分離:分割
    • How toキラルな分子を表記する
    • How toキラル中心のR/S配座を決める
  • 4 酸と塩基
    • 4・1 アレニウスの酸と塩基
    • 4・2 ブレンステッド−ローリーの酸と塩基
    • 4・3 酸解離定数およびpKaと酸・塩基の相対的な強さ
    • 4・4 酸−塩基反応の平衡の偏り
    • 4・5 酸−塩基反応の熱化学と機構
    • 4・6 分子構造と酸性
    • 4・7 ルイスの酸と塩基
    • How to酸−塩基反応の平衡定数の算出法
  • 5 アルケン:結合,命名法.そして性質
    • 5・1 アルケンの構造
    • 5・2 アルケンの命名法
    • 5・3 アルケンの物理的性質
    • 5・4 天然のアルケン:テルペン系炭化水素
    • How to水素不足指数の計算法
  • 基礎知識Ⅰ 反応機構
  • 6 アルケンの反応
    • 6・1 アルケンの反応:概観
    • 6・2 反応中間体を経る有機反応
    • 6・3 求電子付加反応
    • 6・4 ヒドロホウ素化−酸化
    • 6・5 酸化
    • 6・6 還元
    • 6・7 キラル中心を含む出発物と生成物
    • How to正しい半反応の書き方
  • 7 アルキン
    • 7・1 アルキンの構造
    • 7・2 アルキンの命名法
    • 7・3 アルキンの物理的性質
    • 7・4 1−アルキンの酸性度
    • 7・5 アルキンの合成
    • 7・6 アルキンへの求電子付加反応
    • 7・7 アルキンの水和によるアルデヒド,ケトンの合成
    • 7・8 アルキンの還元
    • 7・9 有機合成
  • 8 ハロアルカン,ハロゲン化,ラジカル反応
    • 8・1 構造
    • 8・2 命名法
    • 8・3 ハロアルカンの物理的性質
    • 8・4 アルカンのハロゲン化によるハロアルカンの合成
    • 8・5 アルカンのハロゲン化の反応機構
    • 8・6 アリル位のハロゲン化
    • 8・7 ラジカルによる自動酸化
    • 8・8 HBrのアルケンへのラジカル付加
  • 9 求核置換反応とβ脱離反応
    • 9・1 ハロアルカンの求核置換反応
    • 9・2 脂肪族求核置換の反応機構
    • 9・3 SN1機構とSN2機構に関する実験的な証拠
    • 9・4 求核置換反応の解析
    • 9・5 β脱離
    • 9・6 β脱離の反応機構
    • 9・7 E1機構とE2機構に関する実験的な証拠
    • 9・8 置換反応と脱離反応の競争
    • 9・9 置換反応と脱離反応との競争の解析
    • 9・10 隣接基関与
  • 10 アルコール
    • 10・1 アルコールの構造と命名法
    • 10・2 アルコールの物理的性質
    • 10・3 アルコールの酸性度と塩基性度
    • 10・4 アルコールと活性な金属との反応
    • 10・5 アルコールのハロアルカンやスルホン酸エステルへの変換
    • 10・6 酸触媒によるアルコールの脱水
    • 10・7 ピナコール転位反応
    • 10・8 アルコールの酸化
    • 10・9 チオール
  • 11 エーテル,オキシラン,スルフィド
    • 11・1 エーテルの構造
    • 11・2 エーテルの命名法
    • 11・3 エーテルの物理的性質
    • 11・4 エーテルの合成
    • 11・5 エーテルの反応
    • 11・6 保護基としてのシリルエーテル
    • 11・7 オキシラン:構造と命名法
    • 11・8 オキシランの合成
    • 11・9 オキシランの反応
    • 11・10 エチレンオキシドとエピクロロヒドリン:有機合成における合成素子
    • 11・11 クラウンエーテル
    • 11・12 スルフィド
  • 12 赤外分光法
    • 12・1 電磁波
    • 12・2 分子分光法
    • 12・3 赤外分光法
    • 12・4 赤外スペクトルの解釈
    • 12・5 赤外スペクトル解析法
  • 13 核磁気共鳴分光法
    • 13・1 核スピン状態
    • 13・2 磁場中での核スピンの方向
    • 13・3 核磁気共鳴
    • 13・4 NMR分光計
    • 13・5 等価な水素
    • 13・6 シグナルの積分面積
    • 13・7 化学シフト
    • 13・8 シグナル分裂と(n+1)則
    • 13・9 シグナル分裂の原因
    • 13・10 立体化学とトピシティー
    • 13・11 13CNMR
    • 13・12 NMRスペクトルの解釈
    • How to NMRのスペクトル問題の解き方
  • 14 質量分析法
    • 14・1 質量分析計
    • 14・2 質量スペクトルの特徴
    • 14・3 質量スペクトルの解釈
    • 14・4 有機合成の研究での質量分析法の活用とその他の応用
  • 15 有機金属化学の基礎
    • 15・1 有機マグネシウム化合物と有機リチウム化合物
    • 15・2 ギルマン反応剤(ジアルキル銅リチウム)
    • 15・3 カルベンとカルベノイド
  • 16 アルデヒドとケトン
    • 16・1 構造と結合
    • 16・2 命名法
    • 16・3 物理的性質
    • 16・4 反応
    • 16・5 炭素求核剤の付加
    • 16・6 ウィッティッヒ反応
    • 16・7 酸素求核剤の付加
    • 16・8 窒素求核剤の付加
    • 16・9 ケト−エノール互変異性
    • 16・10 酸化
    • 16・11 還元
    • 16・12 α炭素上での反応

有機化学 ランキング

有機化学のランキングをご紹介します一覧を見る