サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 三島由紀夫と「アメリカ」
    • 第一節 三島由紀夫の「日本」から離れて
    • 第二節 三島由紀夫の生涯における「アメリカ」と三島研究における「アメリカ」
    • 第三節 戦後日本文学と「アメリカ」−三島由紀夫の「アメリカ」の不在
    • 第四節 本書の方法と意義
  • 第一章 「花ざかりの森」における「アメリカ」−「貴族の瞳」から眺められる「アメリカ」と「アメリカ」の「日本」
    • 第一節 「日本」を表象する物語としての「花ざかりの森」のなかの「アメリカ」
    • 第二節 「母」における文化的アイデンティティの意味−「当世の女」の文化としての「アメリカ」と貴族階級の女性の文化
    • 第三節 「わたし」の「アメリカ」批判の下にあるもの−ヨーロッパ中心主義
    • 第四節 「近代」の伝播者としての「アメリカ」
  • 第二章 『金閣寺』における「アメリカ」−占領期の「アメリカ」表象という問題
    • 第一節 三島由紀夫の「美」の物語から「占領」を語る物語へ
    • 第二節 おくれて着く「進駐軍の検閲の印」の手紙−「検閲」に対する三島の認識
    • 第三節 占領後に「占領」を語ることの難しさ−「江口初女覚書」と「鍵のかかる部屋」における「アメリカ」を中心として
    • 第四節 「日本文化」を表象する「アメリカ」
    • 第五節 占領軍の「暴力」を表象すること
    • 第六節 日本人における「自然」を破壊する「アメリカ」
  • 第三章 『鏡子の家』における「アメリカ」−「日本」のなかの「アメリカ」から「日本」の外の「アメリカ」へ
    • 第一節 占領の「あと」に残る「アメリカ」
    • 第二節 「復興」を意味づける「焼跡」という記憶
    • 第三節 新しい「法」の提供者としての「アメリカ」と「鏡子の家」
    • 第四節 「進駐軍払下の各種の娯楽」の文化としての「アメリカ」
    • 第五節 「日本」を正当化する「アメリカ」、「日本」の外にある「アメリカ」
  • 第四章 『美しい星』における「アメリカ」−米軍基地の「跡」としての「日本」に残された「アメリカ」
    • 第一節 安保闘争の後、核戦争の危機のなかの「アメリカ」
    • 第二節 米軍基地の「あと」に残された「アメリカ」
    • 第三節 「核」とアメリカ−「人間」概念に変化をもたらす存在
    • 第四節 「アメリカ的生活様式」と「平和」
  • 第五章 『音楽』における「アメリカ」−「精神分析」を通して変わっていく「アメリカ」と「日本」
    • 第一節 「精神分析」の『音楽』から『音楽』の「精神分析」の向こうへ
    • 第二節 「高度発展」という名の「アメリカ化」を支える「精神分析医」
    • 第三節 占領期の体験による「日本人」から「精神分析」が創る「日本人」へ
    • 第四節 「精神分析」を通して見えてくる「アメリカ」
    • 第五節 「近代」という名の下で見失われる「アメリカ」
    • 第六節 「アメリカ」化される「日本」の外部としての「山谷」という「現実」
  • 終章 三島由紀夫の「アメリカ」から見えてくるもの−「文化」への問いかけから見えてくる「人間」の在り方