サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

目次

現代租税の理論と思想

現代租税の理論と思想

  • 宮本 憲一(編)/ 鶴田 廣巳(編)/ 諸富 徹(編)
  • 序章 現代の租税論をめぐって
    • □税制の主役交代か
    • □経済のグローバル化で動揺する所得税
    • □支出税から挑戦を受ける所得税
    • □所得税への批判の嵐
    • □支出税は本当に所得税の代替構想たりうるか
    • □本書の問題意識
    • □本書の概要
  • 第Ⅰ部 支出税と所得税の交錯
  • 第1章 支出税論の源流
    • 1 ホッブズ
    • 2 J.S.ミル
    • 3 A.C.ピグー
  • 第2章 フィッシャーの「支出税」の特徴と意義
    • 1 フィッシャーの生きた時代
    • 2 フィッシャーの所得税の概要と特徴
    • 3 租税論者によるフィッシャー「支出税」の評価
  • 第3章 カルドア『支出税』の理論と特徴
    • 1 『支出税』の背景とその目的
    • 2 支出税か所得税か
    • 3 支出税と財産所有者
  • 第4章 ヴィックリーの支出税論
    • 1 ヴィックリーの生涯とアメリカの税制について
    • 2 1947年著書におけるヴィックリーの所得課税論について
    • 3 ヴィックリーとフィッシャーの支出税論争
  • 第5章 カーター報告の現代的意義
    • 1 カーター報告の背景
    • 2 カーター報告の概要
    • 3 カーター報告の経過と現実
    • 4 カーター報告の現代的意義
  • 第Ⅱ部 現代支出税論の展開
  • 第6章 アンドリュースによる「現代的支出税」構想
    • 1 支出税論のルネッサンスと支出税擁護論の展開
    • 2 アンドリュースによる所得税批判と「現代的支出税」の提案
    • 3 アンドリュース提案に対する批判
    • 4 アンドリュース構想以後の論争とその評価
  • 第7章 ミード報告とイギリス型支出税
    • 1 ミード報告の背景
    • 2 支出税提案の概要
    • 3 UET下での資産の取扱い
    • 4 ミード報告の支出税論の評価
  • 第8章 アメリカの消費ベース課税思想
    • 1 アメリカにおける消費ベース課税の文脈
    • 2 アメリカにおける消費ベース課税の形式
    • 3 消費ベース課税の制度比較
    • 4 なぜ消費ベース課税提案は実現しないのか
    • 5 消費ベース課税導入の挫折の背景
  • 第9章 経済活動のグローバル化と法人課税
    • 1 法人税が現在直面している諸課題
    • 2 マーリーズ・レビューの法人税改革提案の検討
    • 3 マーリーズ・レビューの意義とそれが推奨するACEの実態
  • 第10章 現代付加価値税の論理と課題
    • 1 イギリスにおける付加価値税
    • 2 マーリーズ・レビューにおける付加価値税改革提案
    • 3 マーリーズ・レビューの評価とわが国への示唆
  • 終章 課税ベースの選択と現代租税論の課題
    • 1 消費ベース課税論の論点
    • 2 所得ベース課税論による批判とその論点
    • 3 グローバリゼーションと現代租税論の課題

租税 ランキング

租税のランキングをご紹介します一覧を見る