サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

目次

  • 序章 障害者介助をめぐる問題の所在
    • 第1節 本研究の問題意識−利用者である障害者とホームヘルパーとしての私
    • 第2節 「社会モデル」の介助を実現していく制度の必要性
    • 第3節 障害者介護/介助に関する先行研究
    • 第4節 研究方法と本書の構成
  • 第1章 社会によってつくられる障害者の無力化の構造と変革への視座
    • 第1節 インペアメントとディスアビリティ
    • 第2節 障害者を無力化する構造−資本主義社会と専門家支配
    • 第3節 「医学モデル」による障害者の依存の形成
    • 第4節 潜在化している価値観と負担の関係
    • 第5節 変革する力−障害者差別の超克を目指して
  • 第2章 ホームヘルプサービス、その変遷が意味するもの
    • 第1節 制度の起こりから現在まで
    • 第2節 障害者自立支援法とホームヘルプサービス
    • 第3節 ホームヘルプという仕事
    • 第4節 「障害の医学モデル」とホームヘルプサービス
  • 第3章 障害者とホームヘルパー
    • 第1節 見えにくい非対称の関係
    • 第2節 利用者が行う配慮とホームヘルパーが行う感情労働
    • 第3節 ホームヘルパーとソーシャルワーク
    • 第4節 阻害されるエンパワメント
  • 第4章 障害者が介助を利用するときの呼びかけと応答の関係
    • 第1節 ホームヘルパーに感じる嬉しさ、好ましさと言いづらさ
    • 第2節 介助の場における「医学モデル」
    • 第3節 ホームヘルパーからみた障害者のエンパワメントと「社会モデル」
    • 第4節 「社会モデル」の介助とエンパワメントを支援する応答が可能な関係性
    • 第5節 エンパワメントを支援する応答が可能な関係性を目指すには
  • 第5章 障害者の自立生活を支える介助制度に求められるもの
    • 第1節 自立生活とパーソナルアシスタンス/ダイレクトペイメント
    • 第2節 時間の縛りが緩やかな重度訪問介護
    • 第3節 受給者の主体性を確保するイギリスのダイレクトペイメント
    • 第4節 カリフォルニア州のSLSにみるエンパワメント
    • 第5節 障害者に対する差別を軽減するサービスの提供
  • 第6章 障害者総合福祉法の骨格に関する「総合福祉部会の提言」についての検討
    • 第1節 現行法にある権利と「総合福祉部会の提言」にある権利
    • 第2節 新たな介助制度の実現可能性と「総合福祉部会の提言」の役割
  • 第7章 「社会モデル」による介助制度実現に向けたパラダイム転換
    • 第1節 求められる障害者施策のパラダイムの転換
    • 第2節 「社会モデル」に立脚した利用者主導の組合設立の必要性
    • 第3節 「社会モデル」による介助制度に求められる枠組み
  • 第8章 「社会モデル」による新たな介助制度の骨格
    • 第1節 利用申請と支給決定における障害者・市町村・組合所属相談員の役割
    • 第2節 自律した制度利用を実現するために求められること
    • 第3節 アクセス支援センターの設置と社会参加を促進するサービス
    • 第4節 組合の役割と介助者派遣事業所の役割
    • 第5節 パーソナルアシスタント/介助者に対する研修と利用者に対する講習会
    • 第6節 国・都道府県・市町村の主な責務