サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

目次

死生学入門

死生学入門 (放送大学教材)

  • 石丸 昌彦(編著)
  • 1 死生学とは何か
    • 1.死生学への関心の高まり
    • 2.死生学の概要
  • 2 死生観と宗教
    • 1.宗教・他界・死生観
    • 2.諸宗教と死生観
    • 3.現代の死生観と宗教
  • 3 日本人の死生観
    • 1.近代以前
    • 2.明治から昭和まで
    • 3.死生観の復権
  • 4 喪と追悼:逝きし人〈死者〉と生者のつながり
    • 1.Recollection:米国での経験から
    • 2.逝きし人〈死者〉と生者のつながり
    • 3.先行の論考から
    • 4.葬儀と葬送
    • 5.逝きし人〈死者〉とともに未来を作る
    • 6.おわりに
  • 5 死生観:国と地域の視点から
    • 1.日本人の寿命と死因
    • 2.国と地域の取り組み
    • 3.災害と死・死生観
  • 6 マスメディアで死生について考える
    • 1.マスメディアと死生
    • 2.マンガで死生について考える
  • 7 「生と死」を生きる本人からの発信
    • 1.医療における「エビデンス」と「ナラティブ」
    • 2.闘病記をめぐって
    • 3.インターネットでの語り・ナラティブ情報
    • 4.「生と死」を生きる本人から
    • 5.医療者教育における語り・ナラティブ
  • 8 老いと死
    • 1.老いを取り巻く近年の状況
    • 2.サクセスフル・エイジング(Successful Aging)
    • 3.老いと死への意識
    • 4.老いと死を取り巻く課題
  • 9 病い経験と「生」
    • 1.「病い」という経験
    • 2.「病い」へのネガティブな認知
    • 3.ストレッサーの軽減とストレス関連成長
    • 4.病い経験でのポジティブな側面への着眼
  • 10 遺族の喪失体験とグリーフワーク
    • 1.死別と悲嘆
    • 2.悲嘆のプロセスとグリーフワーク
    • 3.死別の状況により異なる悲嘆
    • 4.悲嘆からの回復を支えるとは
  • 11 自己決定権
    • 1.はじめに
    • 2.ヒポクラテスの誓い
    • 3.人体実験
    • 4.ニュルンベルク綱領とヘルシンキ宣言
    • 5.インフォームド・コンセント
    • 6.インフォームド・コンセントに関する個人的な経験
    • 7.まとめ
  • 12 ターミナルケア
    • 1.はじめに
    • 2.死にゆく心理過程の5段階
    • 3.緩和ケアとは
    • 4.終末期医療にどこまでを望むか
    • 5.遺される人々の心理
    • 6.まとめ
  • 13 自殺予防
    • 1.はじめに
    • 2.自殺の現状
    • 3.どのような人に自殺の危険が迫るのか
    • 4.自殺の危険の高い人への対応
    • 5.まとめ
  • 14 尊厳死
    • 1.はじめに
    • 2.安楽死に関するさまざまな用語
    • 3.オランダの安楽死
    • 4.うつ病者を対象としたオランダの安楽死事件
    • 5.わが国の安楽死事例:山内事件と名古屋高等裁判所の判決
    • 6.筆者が安楽死に反対するいくつかの理由
    • 7.まとめ
  • 15 死生学の理論と展望
    • 1.共通言語としての理論
    • 2.死生学で活かされている理論
    • 3.死生学で活かしうる理論
    • 4.日本の死生学の展望