サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序論
    • 1 起源をめぐるアポリア
    • 2 研究史と本書の位置
    • 3 構成、対象時期、史料
    • 4 オスマン史学史概観
  • 第一部 四人の始祖
  • 第一章 カユとギョク−オグズ伝承的正統の論理
    • Ⅰ 始祖カユ説
    • Ⅱ 始祖ギョク説
    • Ⅲ 一五世紀における両始祖説の展開
  • 第二章 ヤペテとエサウ−旧約伝承のなかの王権と権威
    • Ⅰ 始祖ヤペテ説
    • Ⅱ 始祖エサウ説
    • Ⅲ 始祖エサウ説への批判
  • 第三章 始祖たちの融合−「伝統」と「権威」の相克
    • Ⅰ 一六世紀初頭におけるカユとエサウの勝利
    • Ⅱ カユとエサウの融合
    • Ⅲ 融合の意味
    • Ⅳ カユ=エサウ説の解消と「伝統」への部分的回帰
  • 第二部 二つの王朝
  • 第四章 セルジューク朝との系譜意識−同族・婚姻関係という作為
    • Ⅰ セルジューク朝との系譜意識の強調
    • Ⅱ 系譜意識の消失と起源の多様化
  • 第五章 モンゴル像の変遷−残虐な暴君から賞讃すべき世界征服者へ
    • Ⅰ 「オスマン朝建国伝説」の叙述におけるモンゴル
    • Ⅱ 「世界史型史書中のモンゴル史」の叙述におけるモンゴル
    • Ⅲ 権威の源泉としてのモンゴル
  • 結論
    • Ⅰ 系譜意識の史的展開
    • Ⅱ 変容の原理
  • 補論一 一五世紀における王統譜の構造と形成過程
    • Ⅰ 王統譜の古層
    • Ⅱ 「オグズ中位型王統譜」
    • Ⅲ 「オグズ上位型王統譜」
  • 補論二 史料解題