サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】アウトレットブックポイント2倍看板・バナー改修(~8/31)

目次

  • 序説 研究史的概観と問題点の整理−「宗教改革と宗派化」「神学論争と都市紛争」「大衆的情報伝達と公共性(公共圏)」
    • (一)「ドイツの宗教改革と宗派化」をめぐる学説の再検討−ブリックレとシリングの議論を中心に
    • (二)十六世紀のドイツ・ルター派地域における神学論争と都市紛争−紛争の《争点》と言論統制
    • (三)「十六世紀ドイツの大衆的情報伝達と公共性(公共圏)」に関する研究史と予備的考察
  • 第一部 反《仮信条協定》の闘い(一五四八年〜一五五一年)とマクデブルクの神学者たち
  • 第一章 都市マクデブルクと反《仮信条協定》プロパガンダ−反《仮信条協定》の闘い(一五四八年〜一五五一年)を支えた情報環境と言論構造
    • (一)「われらの神の官房(unsers Herrgotts Kanzlei)」
    • (二)《仮信条協定批判の言論》の構造−初期宗教改革運動(一五一七年〜一五二五年)との比較
    • (三)反《仮信条協定》闘争期の大衆向けのプロパガンダ
    • (四)反《仮信条協定》プロパガンダと統治権力批判
    • (五)反《仮信条協定》の情報媒体の流通・伝播とその影響−ザクセン選帝侯領の場合
    • (六)分析の総括
  • 第二章 都市マクデブルクの闘いと《神学者たちの言論》の政治的機能−シュマルカルデン同盟、皇帝への抵抗、帝国の諸公共圏
    • (一)反《仮信条協定》闘争期(一五四八年〜一五五一年)における都市マクデブルクの権利主張とプロパガンダ
    • (二)シュマルカルデン同盟による政治宣伝と《神学者たちの言論》の役割−政治宣伝に動員される神学者たち
    • (三)シュマルカルデン戦争期(一五四六年〜一五四七年)のプロパガンダと「宗教ゆえの戦争」の論理
    • (四)反《仮信条協定》闘争期のマクデブルク市参事会と神学者たちのコラボレーション−反《仮信条協定》プロパガンダに見られる「政治」と「宗教」の力関係
    • (五)分析の総括
  • 第三章 仮信条協定に対する神学者たちの闘い−「政治的和平」に対する「宗教」の側からの異議申し立て
    • (一)皇帝カール五世の宗教政策とエラスムス主義−「合議による宗教的宥和のプロジェクト」としての仮信条協定
    • (二)ザクセン選帝侯領における仮信条協定の受容と「アディアフォラ(Adiaphora)」−「宗教的宥和」策に巻き込まれる神学者たち
    • (三)マクデブルクの神学者たちの「アディアフォラ」批判−「政治による宥和」への反作用としての「宗教における差異」の主張
    • (四)マクデブルクの神学者たちのプロパガンダ戦略
    • (五)分析の総括
  • 第二部 十六世紀後半のドイツ・プロテスタント地域における宗教紛争と言論統制
  • 第四章 宗教的一致から言論統制へ−プロテスタントの内部分裂がもたらした「危機」とプロテスタント諸侯による「宗教的一致」の試み
    • (一)一五五〇年代における宗教政治情勢の変化とドイツ・ルター派の神学論争
    • (二)ヴォルムス宗教討論会(一五五七年)の失敗が生み出した状況−「プロテスタントの内部分裂の実態」をめぐる言論による闘い
    • (三)フランクフルト・アム・マインでのプロテスタント諸侯会議(一五五七年〜一五五八年)−プロテスタント諸侯による「宗教的一致」の模索と言論統制への傾斜
    • (四)ナウムブルクでのプロテスタント諸侯会議(一五六一年)−諸侯による「宗教的一致の体裁づくり」と神学者たちの「言論の自由」
    • (五)分析の総括
  • 第五章 神学者たちと都市紛争−《神学者たちの言論》が都市社会に及ぼした影響と統治権力の対応
    • (一)一五五四年の都市マクデブルクの紛争−教会規律を契機とする紛争(1)
    • (二)一五五六年〜一五六〇年のロストックの紛争−教会規律を契機とする紛争(2)
    • (三)一五五八年〜一五六三年のイェーナの紛争−神学論争を契機とする紛争
    • (四)分析の総括
  • 第六章 神学者たちによる「言論の自由」の主張とその政治的・制度的帰趨−《神学者たちの言論》をめぐる「自由」と「管理」の弁証法
    • (一)ニーダーザクセン=クライス会議での『リューネブルク指令書』の公布(一五六二年)−「地域平和の維持」という大義による言論統制の強化
    • (二)フラキウスとガッルスの『書状』(一五六二年)における「言論の自由」の主張−「言葉による自力救済の権利」としての「言論の自由」
    • (三)帝国及びプロテスタント諸領邦・諸都市における言論統制の進展
    • (四)『和協信条』(一五七七年)及び『和協信条書』(一五八〇年)の導入と署名強制−「言論の管理」の思想の超地域的承認
    • (五)分析の総括
  • 結論