サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第1章 河川をめぐる問題から流域という課題へ
    • 1 河川をめぐる問題の現状
    • 2 主体にかかわる課題としての「流域管理」
    • 3 本書の構成
  • 第2章 流域を捉えなおす
    • 1 流域とは何か−民俗学から流域ガバナンスまで
    • 2 人々にとっての流域とは何か−本書の視角とアプローチ
  • 第3章 河川計画をめぐる対立と地域的背景
    • 1 下諏訪ダム計画をめぐる対立
    • 2 自然保護運動の「地元化」
    • 3 自然保護運動と流域
  • 第4章 砥川流域と住民のかかわり史
    • 1 「人々の領域」と「自然の領域」のダイナミズム
    • 2 「砥沢の山」と「東俣の山」に入り会う
    • 3 明治期のかかわりの転換と災害
    • 4 「恩恵/災害リスク」の潜在と顕在
    • 5 御柱祭の「恩恵」,聖域性の存続
  • 第5章 砥川流域協議会
    • 1 住民主体による協議の公共的空間
    • 2 河川改修協議での「主体化のプロセス」
    • 3 河川改修協議過程の分析と考察
    • 4 流域対策協議での「流域意識」の立ち上がり
    • 5 流域対策協議の「恩恵/災害リスク」による分析
    • 6 異なる知と交渉する「人々の知」
    • 7 「自ら主体化する」合意形成論として
  • 第6章 包括的実在としての流域
    • 1 流域の全体性−「恩恵/災害リスク」
    • 2 流域の全体性−生業・祭り・景観
    • 3 「人々の知」による治水とは
    • 4 人々にとっての流域とは−包括的実在
  • 終章 主体化する人々が担う「流域管理」に向けて
    • 1 2つの問題設定への回答として
    • 2 「身体的かかわり」の創出の提案
    • 3 「流域管理」の主体たる中小流域住民