サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • プロローグ
    • 1 本書の基本方針
    • 2 精神分析におけることばと知
    • 3 人間存在とことば
    • 4 知と対象の再発見
    • 5 ことばと知に内在する不可能性
    • 6 本書の構成
  • 〈第Ⅰ部〉
  • 第1章 精神分析におけることばと解釈
    • 1 無意識と意味の裂け目
    • 2 フロイトの言語理論−失語症と語表象
    • 3 ラカンにおけるシニフィアン理論−フロイト的無意識の読解
    • 4 ことばの多義性と翻訳としての解釈
    • 5 無意識の読解という袋小路
    • 6 ラカン派の解釈とポスト−解釈の時代
    • 7 解釈の作用の新たな理解に向けて
  • 第2章 人間存在にとってのことばと真理
    • 1 精神分析と分析哲学
    • 2 失錯行為と言語なるものへの懐疑
    • 3 デイヴィドソンの真理条件意味論
    • 4 根源的解釈と精神分析的解釈
    • 5 メタ言語と形式化の問題
    • 6 言語の習得と真理概念の獲得
    • 7 真理と現実的なもの
    • 8 人間存在をつくりあげることば
  • 〈第Ⅱ部〉
  • 第3章 現実的なものへの応答としての主体
    • 1 知の想定と欠如
    • 2 ラカンのエディプス・コンプレックス論
    • 3 欲望と他者の欠如
    • 4 エディプス・コンプレックスを超えて
    • 5 シニフィアンの起源と身体
    • 6 行為の原因と理由
    • 7 他者の彼岸と知の探求
  • 第4章 精神分析における知と無意識
    • 1 知をめぐる今日的状況
    • 2 フロイトにおける無意識−知の主体の転倒
    • 3 近代科学の知と真理の問いの排除
    • 4 主体の真理と他者の欠如
    • 5 転移と存在の苦悩
    • 6 禁欲原則と分析家の役割
    • 7 現実的なものとしての無意識
    • 8 欠如から生じる知
  • 〈第Ⅲ部〉
  • 第5章 倒錯としての「発達障害」
    • 1 「発達障害」というカテゴリーの問題
    • 2 自閉症の問題圏−発話行為の主体であることの困難
    • 3 自閉症概念の変遷
    • 4 構造としての倒錯−去勢の否認
    • 5 享楽の倒錯性
    • 6 倒錯としての「発達障害」
    • 7 アプローチの可能性に向けて
    • 8 現代文化と倒錯
  • 第6章 現代における主体のよるべなさ
    • 1 心理臨床への現代的要請
    • 2 現代におけるこころへの関心
    • 3 統計学と個への囲い込み
    • 4 法から規範へ
    • 5 享楽の優勢と抑うつ
    • 6 享楽の体制−倒錯と精神病
    • 7 精神分析と神経科学
    • 8 聴くことと見ること
  • エピローグ
    • 1 こころの病の時代
    • 2 「運命」から「ありきたりの不幸」へ−フロイトによる解決
    • 3 流動化する社会とよるべなき主体
    • 4 主体の単独性を目指して