サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第1章 研究対象としての格
    • 1.研究の背景として
    • 2.格をめぐる理論的研究史
    • 3.本書の立場
    • 4.ハダカ格
    • 5.主語の分析にあたって
    • 6.動詞の分類にあたって
    • 7.主体表現および客体表現の枠組み
  • 第2章 古代日本語の名詞の格に関する研究
    • 1.対象語をあらわす名詞の格に関する先行研究
    • 2.主語をあらわす名詞の格に関する先行研究
  • 第3章 ハダカ格と有助辞格Ⅰ
    • 1.主体変化動詞とむすびつく主語名詞
    • 2.主体動作動詞と主語名詞
    • 3.主体動作主体変化動詞と主語名詞
  • 第4章 ハダカ格と有助辞格Ⅱ
    • 1.主体動作客体変化動詞とむすびつく対象語
  • 第5章 主体表現と客体表現の対応をめぐって
    • 1.主体変化動詞の主語と主体動作客体変化動詞の対象語
    • 2.主体動作主体変化動詞の主語と主体動作客体変化動詞の対象語
    • 3.統語構造上の対応と連語の対応
    • 4.言語類型学的視点から
  • 第6章 主体表現と客体表現の中心と周辺
    • 1.対象語標示の形態とその機能
    • 2.主語標示の形態とその機能
    • 3.ハダカ格のあらわすものと有助辞格のあらわすもの
  • 第7章 有標識形態があらわすもの
    • 1.ノ格とガ格の類似性と相違性
    • 2.人名詞を主語標示する場合のノ格とガ格の相違
    • 3.平安期日本語における対象語標示のヲ格再考