サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

目次

近世の禁裏と都市空間

近世の禁裏と都市空間

  • 岸 泰子(著)
  • 序章 本書の視座と目的
    • 一 近世の禁裏空問
    • 二 近世天皇・朝廷研究史
    • 三 本書の構成
  • 第一部 禁裏と信仰−内侍所・御霊社−
  • 第一章 室町後期・戦国期の内侍所
    • はじめに
    • 一 内侍所の概略と先行研究
    • 二 内侍所の再興
    • 三 室町・戦国期の内侍所の修理と造営
    • 四 内侍所への「参詣」
    • おわりに
  • 第二章 近世の内侍所仮殿下賜と上・下御霊社の社殿拝領について
    • はじめに
    • 一 近世の内侍所
    • 二 上御霊社への内侍所仮殿下賜の経緯
    • 三 内侍所仮殿下賜の意義
    • 四 上・下御霊社の内侍所仮殿拝領の目的
    • おわりに
  • 第三章 寛政度内裏以降の内侍所仮殿の造営・下賜と神嘉殿
    • はじめに
    • 一 文化七年造営の内侍所仮殿と神嘉殿への転用
    • 二 天保二年の水無瀬家(宮)への下賜
    • 三 嘉永五年の土御門家への下賜
    • 四 安政三年の内侍所仮殿の下賜
    • 五 慶応元年造営の内侍所仮殿
    • 六 神嘉殿の造営と内侍所仮殿
    • おわりに
  • 第二部 禁裏と王権−穢・参詣−
  • 第一章 中世後期の天皇崩御と触穢−内侍所の変化を中心に−
    • はじめに
    • 一 中世後期の天皇・院の崩御と喪葬儀礼
    • 二 葬送・出御の場
    • 三 天皇崩御と穢
    • 四 内侍所・触穢・王権
    • おわりに
  • 第二章 近世前期の天皇崩御と内侍所−触穢・王権・都市−
    • はじめに
    • 一 近世前期の天皇・院の崩御の概略
    • 二 内侍所と触穢
    • 三 内侍所付と町
    • おわりに
  • 第三章 近世禁裏御所と都市社会−内侍所参詣を中心として−
    • はじめに
    • 一 朝儀の拝見
    • 二 内侍所の開放と参詣
    • おわりに
  • 補章1 室町・戦国期における宮中御八講・懺法講の場
    • はじめに
    • 一 清涼殿における追善仏事
    • 二 御八講の場
    • 三 懺法講の場
    • おわりに
  • 補章2 近世安楽寿院の鳥羽法皇遠忌法会
    • はじめに
    • 一 遠忌法会と開帳
    • 二 鳥羽法皇六百五十回忌法会における勅会再興
    • おわりに
  • 第三部 禁裏と都市−造営・遷幸・祭礼−
  • 第一章 承応度・寛文度内裏造営と非蔵人−伏見稲荷社目代・非蔵人羽倉延重の活動を中心に−
    • はじめに
    • 一 承応度・寛文度内裏造営
    • 二 内裏の火災と非蔵人の活動
    • 三 非蔵人への下賜
    • おわりに
  • 第二章 近世京都の都市空間再生と禁裏御所普請−三井家と町−
    • はじめに
    • 一 禁裏御所普請と三井家御用の特徴
    • 二 禁裏御所普請御用と「特典」
    • 三 禁裏御所普請と町・町人の「人気」
    • おわりに
  • 第三章 安政度内裏遷幸と都市空間
    • はじめに
    • 一 安政度内裏造営と遷幸の概要
    • 二 遷幸の空間の特性
    • 三 遷幸の目的と背景
    • おわりに
  • 第四章 近世前期の上・下御霊祭礼行列と天皇−風流見物を中心に−
    • はじめに
    • 一 上・下御霊社の神幸・還幸
    • 二 築地之内での上・下御霊社風流の見物とその中止
    • 三 仙洞御所における霊元院の下御霊社祭礼御拝
    • 四 上御霊社祭礼行列と東山天皇の見物
    • 五 上御霊社の風流と見物の中止
    • 六 院・天皇の御拝・見物をともなう上・下御霊社祭礼の特徴とその意味
    • おわりに
  • 終章 課題と展望
    • 一 中世後期から近世前期の内侍所
    • 二 近世中・後期の禁裏と都市空間