サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • はじめに
  • 第1章 ひとつの作品をじっくりと読んでみよう
    • サンティニャーツィオ教会の天井画
    • 四つの大陸のイメージ
    • イエズス会による世界伝道
    • いつ、どこで、絵を見るか
    • だまし絵のクーポラ
    • ヴァーチャルな設計図
    • 制作以前に起こったことがら
    • 制作動機と主題選択
  • 第2章 美術作品の何を見るか−一次調査と「主題と社会」
    • 美術作品とはなにか
    • 「いつ、どこで、誰が」
    • 年代と帰属の決め方
    • 様式による分析
    • 何が描かれているか−主題の決定
    • 図像の「社会性」
  • 第3章 さまざまな視点−美術品と社会の関わりをみる実践例から
    • 1 比較からわかること−ツタンカーメンとネフェルティティ
    • 多神教と一神教−美術における聖性と写実性
    • 2 絵画はどのように見られたか−鑑賞方法が生み出す違い
    • 絵巻と壁画の鑑賞方法の違い/小さすぎる足の理由/死せるキリストの見せ方−頭を垂れるキリスト像/聖痕のシンボリズム/舞台背景画のふたつのタイプ/王の視点から民の視点へ
    • 3 どこまでが作品か−修復や保存の場面から考える
    • あらわれたふたつの顔−カマッジョーレの修復のケース/消された顔−修復はどうあるべきだったか/木の文化と石の文化−風土と社会/素材とデザイン−東西における「オリジナリティ」の違い
    • 4 様式と社会−世紀末のジャポニスム
    • シノワズリー、ジャポネズリーとジャポニスム/ゴッホはいつからジャポニスム画家となったか/クリムトのジャポニスム
    • 5 美的価値と社会−ナポレオンとナチス・ドイツ
    • ナポレオンの宣伝画家/アカデミズムの象徴となったラファエッロと、その失墜/ナポレオン戦争とルーヴル美術館の拡大/ウィーン会議と返還交渉−カノーヴァの東奔西走/おしつけられる価値観/奪われる美術品−戦争と所有者/作品は誰のものか
  • 第4章 まとめ−より深い鑑賞のために
    • 一枚の絵を前にして、何をすべきか
    • 推薦文献と参考資料
  • おわりに