サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

  • 序章 人種という枷、人種という絆
    • 一 人種差別はなくなったのか?
    • 二 差別が禁止された社会における差別という背理
  • 第一章 黒人法律家が夢見た「メルティング・ポット」と「メリトクラシー」−ジョージ・L・ラフィン(一八三四−八六)、アーチボールド・H・グリムケ(一八四九−一九三〇)
    • 一 統合から融合へ−ラフィンの人種混合論
    • 二 属性から業績へ−グリムケの自己責任論
  • 第二章 黒人は「愛国者」たり得るのか?−ジェームズ・H・ウルフ(一八四七−一九一三)
    • 一 GARと黒人復員兵
    • 二 ジェームズ・H・ウルフとは何者か
    • 三 「我々は何のために戦ったのか」
  • 第三章 アフリカに真の「アメリカ」を作る−アレクサンダー・クランメル(一八一九−九八)
    • 一 黒人にとっての「アメリカ」
    • 二 真の「アメリカ人」としてのアレクサンダー・クランメル
  • 第四章 「無色」中立のデータで「黒人」の資質を証明する−モンロー・N・ワーク(一八六六−一九四五)
    • 一 モンロー・ワークとは誰か?
    • 二 ワークはNYBで何を記録/主張しようとしたのか?
    • 三 ワークとNYBが残したもの
  • 第五章 「人種」を否定する「黒人」活動家−ウィリアム・モンロー・トロッター(一八七二−一九三四)
    • 一 ドン・キホーテ?
    • 二 近代的、あまりに近代的な
    • 三 忘れられたヒーローの発掘
  • 第六章 黒人「保守」派は何を守ろうとしたのか?−シェルビー・スティール(一九四六−)、グレン・ラウリー(一九四八−)
    • 一 カラー・ブラインド論の系譜
    • 二 公民権運動の記憶
    • 三 黒人「保守派」の出現−勝利と「敗北」と再生の道
  • 終章 「人種」という虚構、「人種」という希望
    • 人種と向き合う
    • 記憶と希望を取り戻す