サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

8/1【HB】honto withアプリカード利用でポイント2倍キャンペーン (~8/31)

目次

  • 序章 京都府の町家と百姓家に七つの形式
  • 第一章 中世、町家と百姓家に同じ間取り
    • 第一節 古代末期の町なみ
    • 第二節 中世前期鎌倉時代の町なみ
    • 第三節 中世中期南北朝時代の町なみ
    • 第四節 中世後期室町時代の町なみ
    • まとめ、古代から中世の片土間・床上二室
  • 第二章 戦国時代の間取りが、町家にもなり百姓家にもなり
    • 第一節 町家と百姓家は別物という先入観
    • 第二節 中世絵画史料の時代背景
    • 第三節 中世絵画史料にみる町家
    • 第四節 中世『洛中洛外図』屛風にみる百姓家
    • 第五節 各地の百姓家の片土間・床上二室に関する民家研究の評価
    • 第六節 近世における京都近郊の百姓家型式
    • 第七節 洛外農村の百姓家の軸部と屋根
    • 第八節 岩倉盆地の歴史との照合
    • 第九節 まとめ、片土間・床上二室からの進化
  • 第三章 『洛中洛外図』の謎、桁なし町家は本当にあったのか
    • 第一節 桁なし町家に関するこれまでの見解
    • 第二節 絵画史料にみる町家と歴博甲本・上杉本の時代背景
    • 第三節 歴博甲本に桁なし町家が描かれた時代
    • 第四節 京都府向日市の須田家住宅の小屋組
    • 第五節 桁なし町家と建て起こし
    • まとめ、本当にあった桁なし町家
  • 第四章 鰻の寝床が現れた本当のわけ
    • 第一節 鰻の寝床が現れた本当のわけ
    • 第二節 軒役というもの
    • 第三節 間口三間=一軒役を正しいとみる見解
    • 第四節 明和四年(一七六七)当時の軒役
    • 第五節 家屋敷の取り引き例と軒役の変動関係
    • 第六節 町式目が定める軒役の扱い
    • 第七節 明和四年一〇月の新沽券状の発行
    • 第八節 江戸時代の軒役というものの実態
    • 第九節 明治期における軒役と沽券状の踏襲
    • 第一〇節 間口長さの税金と鰻の寝床の伝説化
    • 第一一節 地租改正に伴う地券発行と軒役の廃止、沽券状の消滅
    • まとめ、間口の税金なんて知らない鰻
  • 第五章 前に主屋、奥に土蔵の屋敷構成の成立
    • 第一節 絵画史料にみる庭蔵・突出内蔵・表蔵の出現と時代背景
    • 第二節 町人が敷地奥を占有した経緯
    • 第三節 天正地割と短冊形敷地の形成
    • 第四節 短冊形敷地の形成に関わる発掘調査の報告
    • まとめ、庭ごしに庭蔵をみる風景の誕生
  • 第六章 本二階建ての町なみ、太閤様御成りの筋をいく
    • 第一節 新発見、聚楽第城下を描く『御所参内・聚楽第行幸図』屛風
    • 第二節 戦国時代の絵画史料にみる京都の町家
    • 第三節 安土・桃山時代、聚楽第建築前の京都の町家
    • 第四節 聚楽第の城下町は、惣町の聚楽町
    • 第五節 『御所参内・聚楽第行幸図』屛風の情報
    • まとめ、太閤様の御好みは本二階建ての町なみ
  • 第七章 保津川水運の筏と、厨子二階の低い軒高
    • 第一節 筏の伝説、町家の高さをきめた?
    • 第二節 丹波材木に関わる林業流通史の研究成果
    • 第三節 筏規模について山方筏荷主と筏問屋の争い
    • 第四節 三ケ所浜材木問屋の材木基準
    • 第五節 京都市中の材木屋注文書と大工の木寄書
    • 第六節 筏規格と京間の関係
    • 第七節 文献史料にみる庶民の二階建て
    • 第八節 中世絵画史料にみる二階建て町家
    • 第九節 軒高の規定要素に関するモデル的検討
    • 第一〇節 中世土地支配者の二階建て規制
    • 第一一節 豊臣政権の二階建て命令と、徳川政権の建築再規制
    • まとめ、高さよりも京間畳に関わった保津川水運の筏
  • 第八章 むしこはもともと、お城のデザイン
    • 第一節 土塗格子の開口と、むしこという名称
    • 第二節 土塗格子の開口の出現時期と定着時期の候補
    • 第三節 建築規制以前の絵画史料にみる二階表
    • 第四節 徳川政権の建築規制以降の絵画史料にみる二階表
    • 第五節 城郭建築と土塗格子の開口
    • まとめ、土塗格子のデザイン・ソースは城郭遺構
  • 第九章 京都最古級の町家発見!ご法度の影響ありや
    • 第一節 理学的年代測定(年輪年代測定法と放射性炭素年代測定法)の登場
    • 第二節 瀬川家住宅と西ノ京という地域に対する評価の問題
    • 第三節 瀬川家住宅の当初形式と放射性炭素年代測定
    • 第四節 放射性炭素年代測定をふまえた瀬川家住宅の検討
    • まとめ、新しい道具は早く導入するほど新しい成果
  • 第一〇章 並瓦葺の普及と卯建の減少
    • 第一節 『京都の町家と町なみ』の内容と問題点
    • 第二節 京都の町家における本瓦葺の普及と卯建の減少
    • 第三節 当時の卯建の役割と減少の理由
    • 第四節 京都の町家における並瓦葦の普及と卯建の減少
    • 第五節 並瓦葺普及後の卯建減少の機会と要因
    • まとめ、卯建は板葺にこそ必要なものだから
  • 第一一章 町家とは何か、そして、洛中農村の百姓家が町家と記されたわけ
    • 第一節 町家の定義を考える意味
    • 第二節 先行研究にみる町、そして町屋の意味
    • 第三節 葛野郡西京村の百姓家の「町屋」
    • 第四節 葛野郡東塩小路村の「町屋」
    • 第五節 「町屋」の定義
    • まとめ、町屋は町化した場所の建物
  • 第一二章 摂丹型の町家と百姓家、違いはどこ?
    • 第一節 摂丹型の町家と百姓家に関する先行研究
    • 第二節 先行研究の問題点
    • 第三節 妻入町家のある町場の農村的性格と破風志向
    • 第四節 絵画史料にみる摂丹型民家分布地域の状況
    • まとめ、破風志向から生まれた摂丹型
  • 第一三章 京都の社家は、妻入町家のかたち
    • 第一節 京都の社家の現状
    • 第二節 『荒木田家文書』にみる目代屋敷
    • 第三節 上賀茂や下鴨の社家との比較
    • まとめ、社家は百姓家にはじまり、町家の姿となり
  • 第一四章 町家一軒の新築、入用少なからず
    • 第一節 町家の建築費用に関するこれまでの指摘
    • 第二節 亀屋七右衛門の借家普請の概要
    • 第三節 見積り方式と坪あたり大工工数・坪あたり工費
    • 第四節 工事方式と総工費、工費割合
    • まとめ、江戸時代に普通の町家を建てたのなら、たとえば銀四二〇〇匁
  • 第一五章 町家一軒借り切って江戸の殿様おもてなし
    • 第一節 寄宿という制度
    • 第二節 二条番衆に関する視点
    • 第三節 江戸時代後期の寄宿町の拡大過程
    • 第四節 番衆寄宿のため町が用意すべき町家
    • 第五節 番衆寄宿に伴う寄宿町の負担と分担
    • まとめ、江戸のお殿様を心づくしのおもてなし
  • 第一六章 いざ御所へ、町家が工場の指物師
    • 第一節 美術工芸職人に関する先行研究
    • 第二節 船屋の営業場所であった町家
    • 第三節 安永期の史料にみる船屋と御所の関係
    • 第四節 臨時御用から定式御用へ
    • 第五節 御用提灯と非常札の付与
    • 第六節 木具屋との関係
    • まとめ、明治に消えた京指物師、船屋太兵衛
  • 第一七章 普請御願が免除されるという特権の意味
    • 第一節 京都を囲む山城国の建築許可申請
    • 第二節 相楽郡下狛僧坊村の『家作御願諸書物』
    • 第三節 「口上書」について
    • 第四節 「御尋書付」について
    • 第五節 「百姓家造作、御見分所・御地頭済、村順書分帳」について
    • 第六節 明和四年一一月の訴願に参加しなかった農村
    • 第七節 上山城四郡の百姓の訴願の結果
    • 第八節 明和四年一二月の触書の本当の目的
    • まとめ、上山城の庄屋衆へ敬意をこめて
  • 結章 京都の町家と聚楽第