サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

目次

  • 第1章 序論
    • 1 はじめに
    • 2 測定と評価
    • 3 信頼性と妥当性
    • 4 責任を伴う評価、伴わない評価
    • 5 エキスパートによる評価・非エキスパートによる評価
    • 6 「日本人評価」について論じる際の問題点
    • 7 特性論的評価論からタイプ論的評価論へ
    • 8 本書が目指すもの
    • 9 本書の対象
    • 10 研究の具体的な手法・手順
    • 11 本書の構成
  • 第2章 先行研究
    • 1 error gravityに関する研究
    • 2 「評価における基本方針」を問う研究
    • 3 日本人評価研究の、教育への貢献
    • 4 日本人評価研究
    • 5 「母語話者からの歩み寄り」を促すための評価研究
    • 6 評価の個人差に焦点を当てた研究
    • 7 「社会文化的アプローチ」
    • 8 まとめ:先行研究の流れの中での本書の意義
  • 第3章 作文データ収集と、予備調査としての質的調査
    • 1 評価対象とする作文の収集
    • 2 評価研究の基本的手法
    • 3 予備的質的調査
    • 4 質問項目の確定
    • 5 予備的調査の分析から分かる個人間の評価ビリーフのばらつき
    • 6 まとめ
  • 第4章 評価観点を探る量的調査と、評価者グルーピング
    • 1 質問紙による量的調査
    • 2 グルーピングの手順
    • 3 考察
  • 第5章 質的調査概要
    • 1 質的調査対象者選定
    • 2 質的調査手順
  • 第6章 評価プロセスのプロトコル分析(コード設定)
    • 1 プロトコルデータの分析方針
    • 2 定性的コーディングに基づく分析
    • 3 プロトコルデータに対するコードシステムの構築
  • 第7章 評価プロセスのプロトコル分析(コード集計)
    • 1 コード集計表
    • 2 コレスポンデンス分析
    • 3 考察
    • 4 まとめ
  • 第8章 PAC分析による、個人の評価プロセスの掘り下げ
    • 1 PAC分析実施の目的
    • 2 PAC分析手順
    • 3 PAC分析結果
    • 4 まとめ
  • 第9章 評価プロセスモデル論
    • 1 本章の目指すもの
    • 2 「評価プロセスモデル」とは?
    • 3 評価プロセスモデル詳説
    • 4 「評価時着目点の射程」に関するモデル図
    • 5 モデルに基づく、個人の評価プロセスの表現
    • 6 まとめ
  • 第10章 総括と今後の課題
    • 1 本書で行ったこと
    • 2 なお残る問題
    • 3 コミュニケーション教育への応用