サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

目次

  • 第1章 本書の目的と意義
    • 1.1.政治参加研究のアプローチと本書の意義
    • 1.2.投票参加のパラドックスと社会的ジレンマ
    • 1.3.実証研究における問題点
    • 1.4.本書の構成
  • 第2章 政治参加の種類
    • 2.1.政治参加の定義と種類
    • 2.2.政治的活動への市民の参加経験
    • 2.3.参加の「難易度」
    • 2.4.政治参加と動員
    • 2.5.政治参加と市民の意識
    • 2.6.まとめ
  • 第3章 政治参加の理論
    • 3.1.社会学モデル
    • 3.2.心理学モデル
    • 3.3.経済学モデル
    • 3.4.習慣的投票者と強化学習
    • 3.5.まとめ
  • 第4章 強化学習モデルにもとづく有権者の投票参加
    • 4.1.強化学習とシミュレーションアプローチ
    • 4.2.ファウラーの投票参加モデル
    • 4.3.投票率,個人の行動と選挙結果
    • 4.4.予測力の比較
    • 4.5.まとめ
  • 第5章 経験とその評価にもとづく有権者の政治参加
    • 5.1.仮説とデータセット
    • 5.2.モデルと推定方法
    • 5.4.推定結果
    • 5.5.市民の非同質性と動員
    • 5.6.投票参加に対する動員の因果効果
    • 5.7.まとめ
  • 第6章 学習が生み出すもの
    • 6.1.実験1:集団に対する帰属意識と政治参加
    • 6.2.複数の帰属意識と政治行動
    • 6.3.実験1のデザイン
    • 6.4.実験1の結果
    • 6.5.実験2:学習によってもたらされる政治的態度
    • 6.6.実験2のデザイン
    • 6.7.実験2の結果
    • 6.8.まとめ
  • 第7章 結論
    • 7.1.本研究によって明らかになった知見
    • 7.2.学習する市民
    • 7.3.今後の課題
  • 補遺
    • A.シミュレーションの種類と特徴
    • B.実験1「インターネットによる会社員の政治意識調査」の概要と質問項目
    • C.実験1で回答者に割り当てた画面
    • D.実験2「世論と意思決定に関する調査」の概要と質問項目

社会思想・政治思想 ランキング

社会思想・政治思想のランキングをご紹介します一覧を見る