サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

朝倉日英対照言語学シリーズ 3 音韻論

朝倉日英対照言語学シリーズ 3 音韻論

  • 中野 弘三(監修)/ 服部 義弘(監修)/ 西原 哲雄(監修)/ 菅原 真理子(編)
  • 第1章 音の体系と分類
    • 1.1 音声学的記述と音韻論的記述
    • 1.2 日本語と英語の母音
    • 1.3 日本語と英語の子音
    • 1.4 日英語の母音・子音の違いによる知覚・発音への影響:外国語なまり
    • 1.5 音素と異音
    • 1.6 中和
    • 1.7 音韻素性
  • 第2章 音節とモーラ
    • 2.1 日本語のモーラ
    • 2.2 日本語の音節
    • 2.3 英語の音節
    • 2.4 英語のモーラ
    • 2.5 世界の言語におけるモーラと音節
  • 第3章 日本語のアクセントと英語の強勢
    • 3.1 韻律の類別−アクセントと強勢
    • 3.2 日本語標準語のアクセント
    • 3.3 英語の強勢付与規則
    • 3.4 日英語のアクセント・強勢付与システムの比較
  • 第4章 形態構造と音韻論
    • 4.1 接辞付加による語形成と音韻論
    • 4.2 複合語
    • 4.3 音韻における形態的主要部の役割
    • 4.4 まとめ
  • 第5章 句レベルの音韻論
    • 5.1 韻律範疇
    • 5.2 英語の韻律構造
    • 5.3 英語の単一音節機能語の強形と弱形の分布
    • 5.4 日本語の韻律構造
    • 5.5 英語と日本語の比較
    • 5.6 後語彙規則と語彙規則との比較
  • 第6章 最適性理論
    • 6.1 最適性理論が提唱されるに至った背景
    • 6.2 音韻制約と有標性
    • 6.3 最適性理論の枠組み
    • 6.4 拮抗する2種類の制約:有標性制約vs.忠実性制約
    • 6.5 音素・異音・中和を有標性制約と忠実性制約で捉える
    • 6.6 子供の言語獲得と最適性理論
    • 6.7 語彙規則と後語彙規則の区別を最適性理論でどう捉えるか