サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

目次

  • 読者のみなさんへ−第4版のはしがき
  • Ⅰ 現代社会と立憲主義
    • 1 現代のリバイアサン
    • 政治とわたしたちの生活
    • 2 立憲主義のあゆみ
    • 1 立憲主義とは
    • 権力の濫用を阻止するために
    • 2 憲法が保障するもの
    • 基本的人権とは
    • 近代市民憲法の人権保障
    • 現代市民憲法の人権保障
    • 国民主権の原理
    • 権力分立
    • 平和主義
    • 現在と軍拡
    • 3 よりよき立憲主義のために−第Ⅰ章のまとめ
    • 人類の歴史的歩みの特色
    • 近代市民憲法の登場
    • 二つの現代憲法の登場
    • 「大競争」のあっけない終わり
    • 憲法の歴史における「第三の転換期」
  • Ⅱ 日本の立憲主義のはじまり−大日本帝国憲法(明治憲法)
    • 1 明治憲法の誕生
    • 憲法が必要になった
    • 準備段階
    • 草案から公布へ
    • 2 明治憲法はどんな特色をもっていたか
    • 近代的な要素
    • 前近代的な要素
    • 3 明治憲法はどのように運用されたか
    • 超然内閣の強行
    • 政党内閣の誕生
    • 強権政治へ
    • 悲惨な民衆の生活
  • Ⅲ 日本国憲法の制定
    • 1 日本国憲法の誕生
    • ポツダム宣言の発表
    • 遅れた受諾
    • 国民の生命を犠牲にして
    • 戦争責任のとり方
    • 「憲法を改正する必要はない」
    • マッカーサーの指示
    • 松本案と総司令部案
    • 「憲法改正草案要綱」
    • 総司令部が急いだ理由
    • 政府の本心
    • 一般国民の対応
    • 2 日本国憲法の制定はどのような意義をもっているか
    • 反省のうえに
    • 人類の歴史的努力の成果
    • 未完の市民革命
  • Ⅳ 日本国憲法のしくみ
    • 1 戦争の放棄
    • 1 なぜ人権保障の前か
    • 近現代の市民憲法における軍隊と戦争の位置
    • 伝統的な軍隊・戦争観の破綻
    • 明治憲法下の戦争経験
    • 2 あらゆる戦争の放棄とあらゆる戦力の不保持
    • 平和主義の宣言
    • 第九条第一項の解釈
    • 第九条第二項の解釈
    • 第九条の求める日本の安全保障
    • 3 第九条で日本はやっていけるか
    • 再軍備論の問題点
    • 2 基本的人権の尊重
    • 基本的人権とは
    • 1 自由権とはなにか
    • 身体の自由
    • 精神の自由
    • 経済活動の自由
    • その他の自由
    • 包括的自由権の保障
    • 2 社会権とはなにか
    • (1)生存権
    • (2)教育を受ける権利
    • (3)勤労の権利と勤労基準の法定
    • (4)労働三権
    • 3 受益権とはなにか
    • (1)請願権
    • (2)国や地方公共団体に対する損害賠償の請求権
    • (3)裁判を受ける権利
    • (4)刑事補償請求権
    • 4 参政権とはなにか
    • (1)公務員の選定罷免権
    • (2)普通選挙の保障
    • (3)投票の秘密と投票について責任を問われないことの保障
    • (4)参政権にかんするその他の保障
    • 5 平等権(法の下の平等)
    • 6 基本的人権の限界
    • 内在的制約論
    • 憲法による特別の制限
    • 7 刑罰による基本的人権の制限
    • 被疑者・被告人の場合
    • 有罪で刑を受けると
    • 適法手続主義
    • 逮捕と抑留・拘禁
    • 捜索・押収
    • 拷問と残虐な刑罰の禁止
    • 被告人の権利
    • 自白についての保障
    • 第三九条の保障
    • 8 国民の義務
    • (1)保護する子女に普通教育を受けさせる義務
    • (2)勤労の義務
    • (3)納税の義務
    • 9 現代社会と基本的人権
    • (1)外国人の人権
    • (2)国民と国民の間における人権保障
    • (3)新しい人権
    • 3 国民主権と議会制民主主義
    • 国民主権の政治
    • 国民の役割
    • 議会制民主主義の条件
    • 4 権力の分立
    • 1 国会
    • 明治憲法下では
    • 国会の組織と権限
    • 国会の活動
    • 国会議員の特権
    • 2 内閣
    • 明治憲法下では
    • 内閣の組織と権限
    • 議院内閣制
    • 内閣政治
    • 3 裁判所
    • 明治憲法下では
    • 司法権の独立のために
    • 裁判所の組織
    • 違憲審査制度
    • 5 地方自治の保障
    • 明治憲法下では
    • 地方自治はなぜ必要か
    • 地方自治の本旨
    • 地方自治のしくみ
    • 6 象徴天皇制について
  • Ⅴ 日本国憲法はどのように運用されてきたか
    • 二頭だての馬車
    • 1 解釈改憲の政治
    • 世界で有数の軍隊へ
    • 駐留米軍
    • 合理性を欠く第九条の運用
    • 基本的人権の過度の制限
    • ゆがんだ選挙制度
    • 信頼を失う議会
    • 瀕死の地方自治
    • 2 明文改憲を求める政治
    • 新たな動き
    • 3 「二頭だての馬車」の要因
  • Ⅵ 日本国憲法を国民の手に−主権者・国民の出番
  • 参考文献
  • 日本国憲法