サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

  • 第1講 教育制度を学ぶことの意味
    • 1 小・中学校の昼食は学校給食?弁当?
    • 2 法治国家・立憲国家と教育制度
    • 3 なぜ教育制度を学ぶのか
  • 第2講 子どもの権利
    • 1 子どもの意見をきいて
    • 2 子どもの人権・権利の歩み
    • 3 子どもの権利条約を知っていますか
    • 4 日本における子どもの権利保障の現実
    • 5 子どもの権利条約を活かすには
  • 第3講 教育法のしくみ
    • 1 教育に関する成文法
    • 2 教育制度の法律主義
    • 3 教育に関する不文法
  • 第4講 教育内容の制度
    • 1 教育内容と学習指導要領
    • 2 学習指導要領と教育課程の自主編成運動
    • 3 教科書検定と歴史教科書問題
    • 4 教育課程編成の3つのレベル
    • 5 教育課程編成の主体としての教師
  • 第5講 日本国憲法と教育基本法
    • 1 戦前における日本の教育制度の特質
    • 2 「憲法・教育基本法」体制の特質と歴史的意義
    • 3 教育基本法の改定とその問題
    • 4 「憲法・教育基本法」体制のゆくえ
  • 第6講 教育の目的と目標
    • 1 新教育基本法における教育の目的・目標
    • 2 教育の目標(教育基本法2条)が抱える問題
    • 3 新教育基本法とどう向きあうか
  • 第7講 学校の制度
    • 1 フリースクールは「学校」か
    • 2 教育基本法・学校教育法における「学校」
    • 3 法律に定める学校(一条校)の公の性質と設置者
    • 4 一条校中心の学校制度がかかえる問題
  • 第8講 義務教育の制度
    • 1 義務教育の「義務」とはだれの「義務」か?
    • 2 義務教育の目的・目標
    • 3 保護者の就学義務
    • 4 義務教育に関する国・地方公共団体の責務
    • 5 すべての子どもの学び・発達が保障される義務教育へ
  • 第9講 教育の機会均等
    • 1 夜間中学校を知っていますか?
    • 2 義務教育は「タダ」ですか?
    • 3 貧しい家庭の子どもに義務教育段階の教育を保障する制度
    • 4 義務教育の修了後における教育機会の保障
    • 5 「教育の機会均等」の実現を展望するために
  • 第10講 教職員の制度
    • 1 地域を歩いた教師の姿から見えてくるもの
    • 2 専門職としての教員とその採用
    • 3 教育の自由とその制約
    • 4 養成と研修による力量形成
    • 5 教職員の制度をより良いものにするために
  • 第11講 教育行政の制度
    • 1 戦後教育行政の基本原則
    • 2 地方教育行政制度の変質と現状
    • 3 国の教育行政制度の原則と現実
    • 4 現状の克服に向けて
  • 第12講 保育の制度−保育所の制度
    • 1 保育所と幼稚園
    • 2 実践にみる「人としての土台をつくる」保育
    • 3 保育を保障する憲法・法律上の理念
    • 4 公的保育所制度のしくみ
    • 5 子ども・子育て支援新制度
  • 第13講 保育の制度−幼稚園・認定こども園の制度
    • 1 新教育基本法における家庭教育と幼児期の教育の振興
    • 2 幼稚園の制度
    • 3 子ども・子育て支援新制度と幼保連携型認定こども園
    • 4 子育て支援と発達保障としての保育制度を
  • 第14講 社会教育の制度
    • 1 社会教育とは何か
    • 2 法における社会教育の意味
    • 3 社会教育制度の理念
    • 4 社会教育制度の権力統制的な側面
    • 5 社会教育制度を発展させるために
  • 第15講 ゆたかな教育制度を創造するために
    • 1 教育制度がもつ二つの顔
    • 2 教育制度の創造的な発展のために
    • 3 教師を目指すみなさんへ