サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

現代有機硫黄化学 基礎から応用まで

現代有機硫黄化学 基礎から応用まで (DOJIN ACADEMIC SERIES)

  • 高田 十志和(編)/ 村井 利昭(編)/ 小川 智(編)/ 佐藤 総一(編)
  • 序章 硫黄と有機硫黄化合物
  • 〈第Ⅰ部 基礎編〉
  • 第1章 硫黄および有機硫黄化合物の基本的性質
    • 1.1 はじめに
    • 1.2 単体硫黄,二酸化硫黄,硫化水素
    • 1.3 硫黄の原子軌道
    • 1.4 硫黄原子の特性
    • 1.5 有機硫黄化合物の分類
    • 1.6 有機硫黄化合物の立体構造
    • 1.7 炭素−硫黄結合の分子軌道
    • 1.8 有機硫黄化合物の結合の強さ
    • 1.9 有機硫黄化合物の酸解離定数
    • 1.10 有機硫黄化合物の電子的効果
  • 第2章 チオールおよびポリスルファンの合成と反応
    • 2.1 はじめに
    • 2.2 チオールの合成と反応
    • 2.3 ジスルファンとポリスルファンの合成と反応
    • 2.4 チオールスルフィナートの合成と反応
    • 2.5 チオールスルホナートの合成と反応
  • 第3章 スルファンの合成と反応
    • 3.1 はじめに
    • 3.2 スルファンの構造と性質
    • 3.3 スルファンの合成
    • 3.4 スルファンの反応
    • 3.5 スルファンが利用されている例
  • 第4章 スルホキシドおよびスルホンの合成と反応
    • 4.1 はじめに
    • 4.2 スルホキシドの合成と反応
    • 4.3 スルホンの合成と反応
  • 第5章 スルホニウム塩および硫黄イリドの合成と反応
    • 5.1 はじめに
    • 5.2 スルホニウム塩の合成
    • 5.3 オキソスルホニウム塩の合成
    • 5.4 光学活性スルホニウム塩の合成
    • 5.5 スルホニウム塩の反応
    • 5.6 スルホニウムイリドの合成と反応
  • 第6章 スルフィミドの合成と反応
    • 6.1 はじめに
    • 6.2 スルフィミドの合成法
    • 6.3 スルフィミドの反応
  • 第7章 スルホン酸,スルフィン酸の合成と反応
    • 7.1 はじめに
    • 7.2 スルホン酸とその誘導体
    • 7.3 スルフィン酸とその誘導体
    • 7.4 スルフィン酸および誘導体の反応
    • 7.5 スルフェン酸とその誘導体
  • 第8章 チオカルボニル化合物の合成と反応
    • 8.1 はじめに
    • 8.2 チオカルボニル化合物の合成方法
    • 8.3 チオカルボニル化合物の反応
    • 8.4 おわりに
  • 第9章 高配位有機硫黄化合物の合成と反応
    • 9.1 はじめに
    • 9.2 超原子価硫黄化合物の結合様式とその構造
    • 9.3 擬回転とリガンドカップリング反応
    • 9.4 三配位超原子価有機硫黄化合物〈10−S−3〉〈9−S−3〉.
    • 9.5 四配位超原子価有機硫黄化合物(λ4−スルファン)〈10−S−4〉
    • 9.6 五配位超原子価有機硫黄化合物〈10−S−5〉
    • 9.7 硫黄原子上に光学活性中心をもつλ4−,λ5−スルファン
    • 9.8 六配位超原子価有機硫黄化合物(λ6−スルファン)〈12−S−6〉
    • 9.9 炭素配位子のみを有するλ4−,λ6−スルファン〈10−S−4(C4)〉,〈12−S−6(C6)〉
    • 9.10 λ4−スルファンジカチオン(スルフラニルジカチオン)〈8−S−4〉2+
    • 9.11 おわりに
  • 第10章 有機硫黄環状化合物の合成と反応
    • 10.1 はじめに
    • 10.2 複素環化合物の命名法
    • 10.3 含硫黄複素環化合物の合成と反応
  • 第11章 硫黄含有金属錯体
    • 11.l はじめに
    • 11.2 スルファニド配位子と遷移金属の結合
    • 11.3 スルファンのσ供与性とπ受容性
    • 11.4 スルホキシドの配位能
    • 11.5 有機合成への応用
    • 11.6 おわりに
  • 第12章 硫黄含有天然化合物
    • 12.1 はじめに
    • 12.2 硫黄含有天然化合物の生理作用
    • 12.3 香料としての硫黄含有天然化合物
    • 12.4 硫黄含有アミノ酸およびペプチド
    • 12.5 タンパク質における硫黄の役割
  • 〈第Ⅱ部 応用編〉
  • 第13章 硫黄含有ポリマー
    • 13.1 はじめに
    • 13.2 おもな硫黄含有ポリマーの種類と用途
    • 13.3 硫黄官能基のポリマーへの導入
    • 13.4 スルファン系硫黄含有ポリマー
    • 13.5 二価の硫黄原子を含むそのほかの硫黄含有ポリマー
    • 13.6 スルホキシド系硫黄含有ポリマー
    • 13.7 スルホン系硫黄含有ポリマー
    • 13.8 スルホン酸エステルおよびスルホンアミド基を主鎖に含む硫黄含有ポリマー
    • 13.9 側鎖に硫黄官能基を含む硫黄含有ポリマー
    • 13.10 そのほかの硫黄含有ポリマー
    • 13.11 おわりに
  • 第14章 硫黄含有電子材料
    • 14.1 はじめに
    • 14.2 含硫黄芳香族を基盤とした化合物
    • 14.3 テトラチアフルバレン(TTF)および類縁体
  • 第15章 硫黄含有医薬品,農薬
    • 15.1 はじめに
    • 15.2 医薬品開発の流れ
    • 15.3 硫黄含有医薬品の分類と合成法
    • 15.4 SR技術〈アルキルスルファニル基(SR基)の導入と硫黄−炭素(S−R)結合の開裂〉
    • 15.5 含硫黄農薬
    • 15.6 製造方法と不純物プロファイル
  • 第16章 硫黄含有電池材料
    • 16.1 はじめに
    • 16.2 硫黄系正極材料のエネルギー貯蔵原理
    • 16.3 有機硫黄系正極材料の歴史(初期1983−1997)
    • 16.4 代表的な硫黄系正極材料
    • 16.5 硫黄系正極材料の最近の研究
    • 16.6 おわりに
  • 第17章 硫黄含有ゴム薬品
    • 17.1 はじめに
    • 17.2 ゴムの架橋で使われる硫黄と硫黄化合物
    • 17.3 硫黄によるゴムの架橋
    • 17.4 架硫促進剤の合成法
    • 17.5 老化防止剤
    • 17.6 おわりに
  • 第18章 香料としての有機硫黄化合物
    • 18.1 はじめに
    • 18.2 含硫黄化合物の特徴
    • 18.3 天然含硫香気成分
    • 18.4 代表的な合成単品香料
    • 18.5 おわりに
  • 〈資料編〉
  • ●有機硫黄化合物の合成法