サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

ヨーロッパ史のなかの裁判事例 ケースから学ぶ西洋法制史

ヨーロッパ史のなかの裁判事例 ケースから学ぶ西洋法制史

  • U.ファルク(編著)/ M.ルミナティ(編著)/ M.シュメーケル(編著)/ 小川 浩三(監訳)/ 福田 誠治(監訳)/ 松本 尚子(監訳)
  • Case 1 ディオニシア対カイレモン事件
    • Ⅰ 序論
    • Ⅱ 舞台
    • Ⅲ 史料と伝承
    • Ⅳ 訴訟のテーマ
    • Ⅴ 既婚の娘に対する父の権力
    • Ⅵ 手続のその後の進行についての仮説
  • Case 2 クリウス事件
    • Ⅰ 舞台
    • Ⅱ 高名な事件としてのクリウス事件
    • Ⅲ 概括
  • Case 3 生まれながらの自由人か,それとも被解放自由人か
    • Ⅰ ヘルクラネウムでの文書の発見
    • Ⅱ ペトロニア・ユスタと自称する者−紛争の関係者,対象,日時
    • Ⅲ 身分の問題−ユスタは生まれながらの自由人か,それとも被解放自由人か
    • Ⅳ 証言
    • Ⅴ 古代における身分の証明
    • Ⅵ ヘルクラネウムからローマへ−身分裁判と再出頭担保問答契約
    • Ⅶ どうしてお前は,我々がお前の娘を我々の娘のように扱うからといって,娘をうらやむのか−養い子としてのユスタ
  • Case 4 狼にくわえられた豚
    • Ⅰ パリンゲネシア(〈著作内容の〉再構成)について
    • Ⅱ 釈義
    • Ⅲ 現行法との比較
    • Ⅳ 第一の余波−漁師とチョウザメ
    • Ⅴ 第二の余波−ルドルフ・シュタムラー
    • Ⅵ 結論
  • Case 5 ユリアヌスと物権契約の発見
    • Ⅰ 贈与か消費貸借か?
    • Ⅱ 解釈史
  • Case 6 ロータル2世の婚姻紛争
    • Ⅰ 王妃テウトベルガの視角−離婚事件
    • Ⅱ ロータル2世の視角−王国の滅亡
    • Ⅲ 教会の視角−法的範例としての本事件
    • Ⅳ カール禿頭王の視角−策略としての本事件
    • Ⅴ 教会法学と新規の決定
  • Case 7 ハインリヒ獅子公に対する訴訟
    • Ⅰ 序−中世と今日の政治的訴訟
    • Ⅱ 前史−キアヴェンナ1176年
    • Ⅲ ハインリヒに対する手続と判決
    • Ⅳ 残響−中央集権主義と分権主義:帝国とラント支配
  • Case 8 哀しき王孫
    • Ⅰ 史料の説明
    • Ⅱ 本質疑の歴史的関連枠組
    • Ⅲ 史料
    • Ⅳ 文脈の拡張−本質疑のもつ破壊力
    • Ⅴ 教皇を無視した解釈,教皇を考慮した解釈
    • Ⅵ 諸結果,および,前触れのない展望
  • Case 9 婚姻と嫁資と死
    • Ⅰ 史料−テクストおよびその翻訳
    • Ⅱ 解釈
    • Ⅲ 議論と展望
  • Case 10 忘れっぽい代弁人
    • Ⅰ 1427年のインゲルハイムのオーバーホーフの判決
    • Ⅱ 中世後期ドイツの裁判制度
    • Ⅲ 中世後期の訴訟法
    • Ⅳ 学識法の影響下における裁判制度と訴訟法
  • Case 11 スウェーデンの銅
    • Ⅰ 序論−前近代商法史の目的:問題設定と認識目標
    • Ⅱ 史料と翻訳−「彼はその者と『完全組合』の関係にはない」
    • Ⅲ 史料の解釈−争いのない事実についての宣誓
    • Ⅳ 普通法に依拠した改革の理論上の承認と実務での遮断
    • Ⅴ 法制史や経済史から行うことができると思われるその他の様々な分析
  • Case 12 メキシコのラス・カサス
    • Ⅰ はじめに
    • Ⅱ 問題
    • Ⅲ 法的論証
    • Ⅳ 法の状況
    • Ⅴ 本問題に関する後世の見方−および知慮の意義
    • Ⅵ まとめ
  • Case 13 私はあなた方にいう,あなた方は決して誓ってはならない
    • Ⅰ 具体的な場面
    • Ⅱ 法制史的な読み込み
  • Case 14 16世紀後半のある魔女裁判
    • Ⅰ 訴訟の経過
    • Ⅱ 理解のための手掛かり
  • Case 15 水車粉屋アルノルトとフリードリヒ大王時代のプロイセンにおける裁判官独立
    • Ⅰ 序論
    • Ⅱ 事実関係と訴訟の経緯
    • Ⅲ 法的評価
    • Ⅳ 成果
  • Case 16 ケルン電信事件
    • Ⅰ 判決の概要
    • Ⅱ 事件の伝承とその影響
    • Ⅲ ケルンの裁判官が扱った法律問題
    • Ⅳ 同時代人の反応
    • Ⅴ 大きなパズルの中の1つの断片
  • Case 17 私生児,庶子,取り替えっ子
    • Ⅰ 歴史上の事件
    • Ⅱ 判決の概観−構成とスタイル
    • Ⅲ 原告の請求−婚外子の相続権の歴史的展開
    • Ⅳ 大審院の判決−法源論入門
    • Ⅴ 立法史−平等原則とその立法化
    • Ⅵ 相続法の機能と意義
  • Case 18 大審院で裁かれた電気窃盗
    • Ⅰ 問題の所在
    • Ⅱ 判決
    • Ⅲ 当時の議論状況
    • Ⅳ 結論
    • Ⅴ エピローグ