サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

ブックオフ宅本便ページ修正

目次

  • 第1章 森林リモートセンシング
    • 1.本書の目的
    • 2.森林の現状と課題
    • 3.森林リモートセンシングの役割
    • 4.森林リモートセンシング研究の歴史
    • 5.研究動向
    • 6.日本の森林リモートセンシングの課題
    • 7.日本の森林リモートセンシングの対応
  • 第2章 インターネットでふれる森林リモートセンシング
    • 1.Google Earth
    • 2.リモートセンシングに役立つツール
    • 3.森林関連サイト「ぎふ ふぉれナビ」他
    • 4.地球観測衛星データのウェブサイト
  • 第3章 リモートセンシングの基礎
    • 1.リモートセンシングの概念
    • 2.電磁波の性質と波長帯域
    • 3.物体の分光反射特性
    • 4.衛星画像を見る基礎−アナログ画像とデジタル画像−
  • 第4章 森林調査と利用できるデータ
    • 1.リファレンスデータ
    • 2.森林調査
    • 3.測量
    • 4.森林境界明確化
    • 5.利用できるデータ
  • 第5章 デジタル標高モデル(DEM)
    • 1.DEMとは
    • 2.国土地理院提供DEM
    • 3.ASTER GDEM
  • 第6章 GNSS
    • 1.GNSSとは
    • 2.測位データの利用
  • 第7章 空中写真
    • 1.演習作業の準備
    • 2.空中写真の基礎知識
    • 3.空中写真の立体視(演習)
    • 4.地形と林相の判読
    • 5.デジタルオルソ化
    • 6.材積計測
    • 7.空中写真の立体視・計測
    • 8.3Dソフト
  • 第8章 レーザ計測
    • 1.航空レーザ(LIDAR)
    • 2.地上レーザ(森林計測)
    • 3.地形解析(陰陽図)
    • 4.地形解析(赤色立体地図)
    • 5.地形解析(CS立体図)
    • 6.樹高(LIDAR)
    • 7.木質バイオマス
    • 8.森林ゾーニング
    • 9.蓄積マッピング
  • 第9章 人工衛星とセンサ
    • 1.人工衛星
    • 2.センサ
    • 3.データの提供(入手方法)
  • 第10章 ALOS衛星
    • 1.ALOS(陸域観測技術衛星)と後継衛星
    • 2.SAR(合成開口レーダ)
    • 3.森林バイオマス(後方散乱係数)
    • 4.森林バイオマス(干渉SAR)
    • 5.森林バイオマス推定(4偏波)
  • 第11章 森林の反射特性
    • 1.地上観測
    • 2.衛星観測
  • 第12章 変換、特徴抽出
    • 1.カラー合成
    • 2.画像強調
    • 3.主成分分析
    • 4.植生指数
    • 5.地形効果補正
    • 6.きめ(Texture)
  • 第13章 分類
    • 1.分類の方法
    • 2.教師無し分類
    • 3.教師付き分類
    • 4.オブジェクトベースの分類
    • 5.分類精度
  • 第14章 樹種分類
    • 1.針葉樹人工林(Landsat)
    • 2.スギ・ヒノキ人工林、広葉樹林、竹林(SPOT)
    • 3.針広混交林(IKONOS)
    • 4.林相区画(オブジェクト)
    • 5.分類アルゴリズム(機械学習)
  • 第15章 森林環境
    • 1.地球温暖化対策
    • 2.REDD(森林減少・劣化からの排出の削減)
    • 3.森林バイオマス
    • 4.葉面積指数(LAI)
    • 5.純一次生産量(NPP)の推定
    • 6.湿原と森林化
    • 7.高山植生
    • 8.森林水文
    • 9.野生動物
  • 第16章 森林の物理量
    • 1.樹木位置
    • 2.樹冠
    • 3.立木本数密度(スギ・ヒノキ人工林)
    • 4.材積(スギ・ヒノキ人工林、広葉樹林)
    • 5.間伐地の半自動区分
    • 6.樹種別本数の算定
  • 第17章 モニタリング(海外編)
    • 1.世界の森林資源(FAO)
    • 2.森林モニタリング(シベリア)
    • 3.森林減少のトレンド解析(ラオス)
    • 4.伐採地抽出(インドネシア・カリマンタン)
    • 5.森林火災(インドネシア・カリマンタン)
    • 6.森林火災(東南アジア)
    • 7.斜面崩壊地の把握(中国四川大地震)
  • 第18章 モニタリング(国内編)
    • 1.国家森林資源データベース
    • 2.広域災害把握(東日本大震災)
    • 3.津波と海岸林消失(東日本大震災)
    • 4.ステレオ空中写真解析による津波で流失した海岸林の抽出
    • 5.浸水区域と海上浮遊物(東日本大震災)
    • 6.風倒被害(北海道支笏湖畔)
    • 7.噴火被害(北海道有珠山)
    • 8.シカの行動
    • 9.マツクイムシ被害推定
    • 10.伐採地の抽出(九州地方)
  • 第19章 森林GIS
    • 1.GISの概要
    • 2.GISの構成
    • 3.森林管理とGIS
    • 4.国有林
    • 5.都道府県有林
    • 6.森林組合(岐阜県)
    • 7.森林GISフォーラム
  • 第20章 森林GISの自治体利用例
    • 1.北海道
    • 2.秋田県
    • 3.岐阜県
  • 第21章 これからの観測
    • 1.地球観測衛星の利用促進
    • 2.UAV(回転翼)−森林材積推定−
    • 3.UAV(固定翼)
    • 4.ハイパー
    • 5.航空機搭載型センサ
    • 6.利用分野の拡大と展望
  • 付録
    • 1.引用・参考文献
    • 2.大学で開講している森林リモートセンシングのシラバス
    • 3.専門研修のシラバス
    • 4.索引