サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

  • 序章 研究課題の設定
    • 1.本書の主題−政策科学としての環境社会学
    • 2.自然保護問題とは何か−研究対象の概要
    • 3.研究の方針とデータ
    • 4.本書の構成
  • 第1章 政策過程論の分析視座と社会学
    • はじめに.
    • 1.政治学や行政学における政策過程研究
    • 2.社会学における政策過程研究
    • 3.政策過程研究におけるアクター(主体)とアリーナ
    • 4.小活−「アクター・アジェンダ・アリーナ」アプローチへ
  • 第2章 課題設定の理論
    • はじめに.
    • 1.社会問題の社会学的認識
    • 2.課題設定の理論の基本視点
    • 3.課題設定の理論と環境問題の社会学の先行研究
    • 4.政策課題設定の基本モデル
  • 第3章 国有林野における保護林制度の政策過程
    • はじめに.
    • 1.国有林の概況
    • 2.拡大造林政策
    • 3.拡大造林政策期の環境運動
    • 4.拡大造林政策期における林野庁の自然保護に対する施策
    • 5.白神山地・青秋林道建設問題と「ブナ・シンポジウム」
    • 6.ブナ・シンポジウムの波及効果
    • 7.林業と自然保護に関する検討委員会と保護林の再編
    • 8.森林生態系保護地域の設定
    • 9.保護林の再編・拡充以後の国有林野対策
    • 10.小括−国有林野行政における環境政策の形成過程
  • 第4章 河川法改正の政策過程と河川技術官僚の課題意識
    • はじめに.
    • 1.河川行政の概略経過
    • 2.改正河川法前史における環境配慮の内部化
    • 3.長良川河口堰問題の経過
    • 4.長良川河口堰問題と河川環境保全の要請に対する行政の応答
    • 5.長良川河口堰問題をめぐる行政と環境運動の相互作用
    • 6.河川法改正の政策課題設定
    • 7.河川法改正の立法過程
    • 8.河川法改正後の河川行政をめぐる状況
    • 9.河川技術官僚の課題意識
    • 10.小括−河川行政における環境政策の内部化
  • 第5章 沿岸域管理における環境政策と環境運動
    • はじめに.
    • 1.沿岸域管理の制度構造
    • 2.沿岸域の開発過程
    • 3.瀬戸内海における沿岸域保護の萌芽的政策
    • 4.1960年代後半からの沿岸域保護運動
    • 5.沿岸域保護運動のネットワーク
    • 6.全国干潟シンポジウム
    • 7.「海浜保全基本法」の構想と入浜権
    • 8.1990年代の沿線域保護運動1−ラムサール条約締約国会議
    • 9.1990年代の沿岸域保護運動2−開発の危機にさらされた干潟
    • 10.小括−沿岸域管理における環境政策の内部化
  • 第6章 自然保護問題の解決過程と政策課題設定メカニズム
    • はじめに.
    • 1.課題設定の理論にもとづく事例の解釈−諸主体の勢力関係
    • 2.問題解決過程と構造的ストレーン、主体、アリーナの特質
    • 3.政策課題設定メカニズムの中範囲理論
    • 4.小活−政策過程における「政策課題」の諸類型
  • 第7章 赤谷プロジェクトにおける協働と根源的政策理念
    • はじめに.
    • 1.赤谷プロジェクトとは何か
    • 2.「赤谷の森」とみなかみ町新治地区の概要
    • 3.赤谷プロジェクト発足の前史
    • 4.赤谷プロジェクト発足時の問題状況
    • 5.赤谷プロジェクト発足の経過
    • 6.赤谷プロジェクトの具体的とりくみと政策的特徴
    • 7.赤谷プロジェクトにおける「協働」
    • 8.治山ダム撤去による生物多様性復元はなぜ可能になったのか
    • 9.地域管理経営計画・国有林野施業実施計画の変革
    • 10.小活−政策課題設定に協働が果たす役割
  • 第8章 政策課題設定能力発揮の諸条件と政策公共圏
    • はじめに.
    • 1.本書で得られた知見の総括
    • 2.政策課題設定能力発揮の可能性と困難性
    • 3.環境政策の「根源的政策理念」としてのあり方−日米の比較を例に
    • 4.本書の成果と残された研究課題