サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

目次

  • 序章
  • 第一部 和歌古筆の新出資料
  • 第一章 新出の伝西行筆の古筆切二種
    • 一 伝西行筆「未詳歌集切」
    • 二 伝西行筆「右大臣家百首切」
  • 第二章 静真詠五十首和歌巻
    • 一 書誌
    • 二 内容の紹介と考察
  • 第三章 京都国立博物館蔵「伏見天皇宸翰御歌集」(五十五首)について
    • 一 書誌
    • 二 内容と筆跡
    • 三 つれの切
    • 四 紙背文書
    • 五 結論
  • 第四章 「実兼集切」の考察
    • 一 既出切の検討
    • 二 新出切の検討
    • 三 「実兼集切」の筆跡
    • 四 『実兼集』成立の目的と内容
    • 五 結び
  • 第五章 西園寺実兼関連の古筆資料
    • 一 「広沢切」に紛れている「実兼集切」
    • 二 醍醐寺蔵『大手鑑』所収切
    • 三 結びにかえて
  • 第六章 「松木切」の考察
    • 一 「松木切」の研究史
    • 二 新出切の紹介
    • 三 「松木切」の考察
    • 四 結び
  • 第七章 「伏見院三十首歌切」について
    • 一 『伏見院三十首歌』と研究史
    • 二 現存切の検討
    • 三 『伏見院三十首歌』の和歌史的な位置付け
    • 四 他歌集の中の『伏見院三十首歌』
    • 五 結び
  • 第八章 「金剛院切」に関する一考察
    • 一 女性による和歌懐紙の様式の特徴
    • 二 「金剛院切」について
    • 三 百首歌の可能性
    • 四 結論
    • 五 女牲の懐紙の書式について
    • 六 結び
  • 第九章 「金剛院切・類切」等に関する考察
    • 一 はじめに
    • 二 女性による応製百首の古筆切
    • 三 「金剛院切」の新出切二葉
    • 四 「金剛院類切」
    • 五 「巻物切」
    • 六 「金剛院切」「金剛院類切」「巻物切」について
    • 七 結び
  • 第十章 「あがた切」に関する考察
    • 一 各葉について
    • 二 「あがた切」の内容について
    • 三 筆者の問題
    • 四 「あがた切」に関する今後の課題
    • 五 結び
  • 第十一章 「畠山切」について
    • 一 『大慈八景詩歌』について
    • 二 新出切の紹介
    • 三 「畠山切」と二条良基について
  • 第十二章 「伝耕雲明魏筆歌集切」に関する考察
    • 一 耕雲の生涯
    • 二 作品の紹介と考察
    • 三 成立年代と意義
    • 四 南北朝時代末期の耕雲明魏と禅林
  • 第十三章 「松梅院切・類切」に関する考察
    • 一 「松梅院切」に関する研究史
    • 二 新出切の紹介
    • 三 「松梅院切・類切」の分類
    • 四 構成員
    • 五 「松梅院切・類切」
    • 六 結び
  • 第十四章 「頓証寺法楽一日千首短冊」について
    • 一 「頓証寺千首短冊」、頓証寺、頓証寺関連の和歌資料を所蔵する白峯寺の概略
    • 二 金刀比羅宮蔵「松山千首短籍帖」の調査データと考察
    • 三 個人蔵白短冊帖および、個人蔵十二葉の白短冊の調査資料と検討
    • 四 「思文閣古書資料目録第百号記念特輯」(昭和五十二年八月)所載の白短冊の調査資料と検討
    • 五 結び
  • 第十五章 『慈鎮和尚三百年忌、五百年忌、五百五十年忌、六百年忌和歌短冊帖』について
    • 一 帖の書誌
    • 二 『慈鎮和尚三百年忌百首和歌短冊』
    • 三 『慈鎮和尚五百年忌三十一首和歌短冊』
    • 四 『慈鎮和尚五百五十年忌三十一首和歌短冊』
    • 五 『慈鎮和尚六百年忌三十一首和歌短冊』
    • 六 本短冊帖について
  • 第二部 和歌古筆の内容と書様
  • 第一章 平安時代の仮名書様の変遷について
    • 一 平安時代の仮名書様
    • 二 平安時代の仮名書様の展開
    • 三 平安時代の和歌の社会的な機能と仮名
    • 四 院政期の和歌の社会的機能と仮名
    • 五 おわりに
  • 第二章 伝西行筆の古筆
    • 一 伝西行筆の古筆
    • 二 御子左家関連の私家集類
    • 三 なぜ「伝西行」か
    • 四 西行の真跡と「伝西行筆の古筆」の書風の比較
    • 五 『中務集』の書風について
    • 六 「伝西行筆の古筆」
  • 第三章 平安の仮名、鎌倉の仮名
    • 一 平安の仮名
    • 二 鎌倉の仮名
  • 第四章 続歌と短冊
    • 一 はじめに
    • 二 続歌とは
    • 三 続歌の発展
    • 四 南北朝時代の続歌と短冊
    • 五 室町時代の続歌と短冊
    • 六 和歌を記す仮名の書様の変化
    • 七 結びにかえて
  • 終章 時代を映す仮名のかたち
    • 一 はじめに
    • 二 時代による字形、筆線、連綿の比較
    • 三 書様の変化の背景