サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 神話の変奏
    • 1 新しい神話の胎動
    • 2 包摂的一神教の誕生
    • 3 世界建立と神話の生成
    • 4 『瑜祇経』と胎生の知
  • 第Ⅰ部 愛染明王と修法の身体
  • 第一章 愛染王の来歴
    • 1 秘文字の伝承
    • 2 〈咤枳王〉の東アジア
    • 3 〈金剛王〉の登場
    • 4 尊格〈愛染〉の源流へ
    • 5 不空の水脈
  • 第二章 院政期王権と修法の身体
    • 1 仁海の敬愛法と〈一肘観〉
    • 2 敬愛のテクネー
    • 3 王と密合する護持僧
    • 4 〈如法愛染王法〉と秘儀の構想
  • 第三章 調伏の思想
    • 1 呪殺の伝承
    • 2 調伏法のアポリア
    • 3 愛染明王・左第三手の「彼」をめぐって
    • 4 愛染王法と唯識思想
  • 第Ⅱ部 霊性と神学の十三世紀
  • 第一章 日本中世神学の誕生
    • 1 神学的地平へ
    • 2 「霊覚」考
    • 3 伊勢を横断する禅語
    • 4 巻末の形式をめぐって
    • 5 御正体と〈無相〉の哲学
    • 6 無門慧開と無本覚心
    • 7 「天童降臨の験者」と袈裟伝承
    • 8 〈大日如来像〉のうちなる〈心御柱〉
    • 9 霊性論へ向けて
  • 第二章 十三世紀神道言説における禅の強度
    • 1 「渡来僧の世紀」と度会行忠
    • 2 禅学用語の神道的転回
    • 3 「神鏡」論と「無相」論
    • 4 〈機前〉の哲学
    • 5 〈空劫已前〉をめぐって
  • 第三章 性と虚円の中世神学
    • 1 〈金輪王〉の開闢神話をめぐって
    • 2 『瑜祇経』解釈学からの視座
    • 3 赤白不二の金輪
    • 4 「識」の霊性
    • 5 最初白浄の一水
    • 6 阿字と羯羅藍
    • 7 円爾弁円と「虚円」の哲学
    • 8 文観房弘真と「虚円」
  • 第四章 赤白二渧のプネウマトロジー
    • 1 「異形」論再考
    • 2 内観される〈精〉
    • 3 白浄なるもの
    • 4 赤白二渧説の古典学への浸透
    • 5 灌頂儀礼と〈人体の知〉
    • 6 密儀における〈卵〉の形象
  • 第Ⅲ部 秘教的世界と神話の建立
  • 第一章 『麗気記』〈天札巻〉と秘教的世界
    • 1 「下々来々」する神
    • 2 天から降りくだるテキスト
    • 3 灌頂儀礼の原像と中世神話
    • 4 夢想する書物
    • 5 再び灌頂の場へ
  • 第二章 三界を建立する神
    • 1 北畠親房における「一神」論の登場
    • 2 世界建立と「異端」の神学
    • 3 三界を建立する神
    • 4 至高の神の「下々来々」
    • 5 聖徳太子の「聖記」
  • 第三章 神話表象としての〈大海〉
    • 1 観想のなかの〈大海〉
    • 2 湖海に沈むヴァ字
    • 3 「大海最底」と無明世界
    • 4 〈金輪〉の表象と儀礼の創出
    • 5 魔性の大海
  • 第Ⅳ部 文字・観想・身体
  • 第一章 胎内五位の形態学
    • 1 〈文字と身体〉論の地平へ
    • 2 受肉の観想
    • 3 円形のヴァ字
    • 4 実運の五位図をめぐって
    • 5 瑜祇灌頂の世界
    • 6 秘儀の空間と身体の建立
    • 7 虚円宝珠と双円の海
  • 第二章 生殖する文字
    • 1 『伊勢物語髄脳』と〈和合〉のモチーフ
    • 2 「伊勢」二字説と悉曇学
    • 3 瑜伽の宗教と「不二の玄極」
    • 4 快楽の密教
  • 第三章 幻像の悉曇
    • 1 文字幻想の中世
    • 2 和語・梵語同祖論の出現
    • 3 世界帝国の崩壊と〈随方言語論〉
    • 4 〈梵言〉としての祝詞
    • 5 日本悉曇学の変容と「翻訳」のアポリア
  • 第Ⅴ部 書物の中世
  • 第一章 中世の書物と身体
    • 1 〈直談〉考
    • 2 譬喩と当体
    • 3 〈見聞〉というメディア
  • 第二章 偽書のトポス
    • 1 中世叡山と偽書
    • 2 『麗気記』のトポス
    • 3 神宮秘記数百巻と〈幻像の秘府〉
    • 4 歌学と偽書
    • 5 有職故実の神話学
  • 第三章 儀礼空間のなかの書物
    • 1 中世古典学と偽書
    • 2 灌頂儀礼と聖典の創造
    • 3 麗気灌頂と神秘のテキスト
    • 4 〈啓示のテキスト〉と仮託の本質
    • 5 和歌灌頂と秘密書の生成
    • 6 天札と金札
  • 第四章 中世叡山と記家の言説
    • 1 『扶桑古語霊異集』をめぐって
    • 2 新羅征討神話と聖真子
    • 3 対馬正八幡と仲哀
    • 4 霊表巻と蒙古襲来