サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0823-29)

目次

現代ソーシャルワーク論 社会福祉の理論と実践をつなぐ

現代ソーシャルワーク論 社会福祉の理論と実践をつなぐ

  • 家高 将明(編著)/ 杉本 敏夫(監修)
  • 第1章 ソーシャルワーク実践とは何か
    • 1.ソーシャルワークの定義
    • 2.ソーシャルワークのモデル
    • 3.ソーシャルワークの価値と倫理
    • 4.ソーシャルワークの方法
  • 第2章 ソーシャルワークの援助過程
    • 1.インテーク(受理面接)の方法とケースの発見
    • 2.アセスメントの方法
    • 3.援助計画作成と計画実施の方法
    • 4.モニタリングと評価の方法
    • 5.終結(ターミネーション)の方法
  • 第3章 キーワードからみるソーシャルワーク
    • 1.QOL(Quality of Life)
    • 2.エンパワメント(empowerment)
    • 3.アドボカシー(advocacy)
    • 4.パートナーシップ(partnership)
    • 5.受容と共感
    • 6.インフォームドコンセント(informed consent)
    • 7.自己覚知(self‐awareness)
    • 8.スーパービジョン(supervision)
  • 第4章 事例からみるソーシャルワーク実践の実際
    • 1.医療ソーシャルワーカーによる実践
    • 2.スクールソーシャルワーカーによる実践
    • 3.介護支援専門員によるソーシャルワーク実践
    • 4.高齢者施設における生活相談員によるソーシャルワーク実践
    • 5.認知症高齢者に対するソーシャルワーク実践
    • 6.障がい者に対するソーシャルワーク実践
    • 7.コミュニティワーカーによるソーシャルワーク実践
    • 8.ソーシャルワーカーが抱えるジレンマ
  • 終章 現代におけるソーシャルワークの課題と展望
    • 1.ソーシャルワーク理解をめぐる課題
    • 2.養成教育と研究をめぐる課題
    • 3.今後の展望