サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

図でよくわかる電磁気学

図でよくわかる電磁気学

  • 伊藤 彰義(編著)/ 中川 活二(共著)/ 細野 裕行(共著)/ 塚本 新(共著)
  • 1 序論 電磁気学の面白さ
    • 1.1 はじめに
    • 1.2 これから学ぶこと
  • 2 真空中の静電界Ⅰ−電界と電位−
    • 2.1 静電気
    • 2.2 クーロンの法則と静電界
    • 2.3 クーロン力の遠隔作用と場の作用(近接作用)
    • 2.4 電界と電気力線
    • 2.5 電位
    • 2.6 等電位面と電位の傾き
    • 2.7 1周積分の微分形(ベクトル場の回転)
    • 第2章演習問題
  • 3 真空中の静電界Ⅱ−ガウスの定理・発散と回転−
    • 3.1 ガウスの定理
    • 3.2 静電界中の導体
    • 3.3 電気力線の発散(ガウスの定理の微分形)
    • 第3章演習問題
  • 4 誘電体内の静電界Ⅰ−分極と電束密度−
    • 4.1 分極現象
    • 4.2 分極率と分極電荷
    • 4.3 電束密度
    • 4.4 電気二重層
    • 第4章演習問題
  • 5 誘電体内の静電界Ⅱ−境界条件と誘電率の諸特性−
    • 5.1 境界条件とEとDの屈折
    • 5.2 誘電体があるときのガウスの定理
    • 5.3 分極の種類
    • 5.4 誘電率の周波数特性(誘電分散)
    • 5.5 誘電率の異方性
    • 5.6 分極のヒステリシス現象と強誘電体
    • 第5章演習問題
  • 6 静電容量・静電界のエネルギー
    • 6.1 静電容量とコンデンサ
    • 6.2 多導体系の電位
    • 6.3 帯電している系のエネルギー
    • 6.4 電界中のエネルギー密度
    • 6.5 静電力のエネルギーによる記述
    • 第6章演習問題
  • 7 電流
    • 7.1 はじめに
    • 7.2 電流と電流密度
    • 7.3 オームの法則
    • 7.4 導電率と固有抵坑(抵抗率)
    • 7.5 抵抗
    • 7.6 電流の連続性
    • 7.7 導体内での電力損失とジュールの法則
    • 7.8 電流の境界条件
    • 7.9 定常電流の場
    • 7.10 静電界と定常電流の場の類似性
    • 7.11 金属の抵抗率の温度特性
    • 7.12 金属の電気伝導理論
    • 7.13 抵抗の周波数特性
    • 7.14 金属からの光電子放出・熱電子放出
    • 7.15 半導体
    • 第7章演習問題
  • 8 真空中の静磁界
    • 8.1 ローレンツ力とベクトル場(回転)
    • 8.2 真空中の磁気的な場(磁束密度の場)
    • 8.3 ベクトルポテンシャル
    • 8.4 インダクダンス
    • 第8章演習問題
  • 9 磁性体中の静磁界
    • 9.1 はじめに
    • 9.2 磁気双極子
    • 9.3 磁化に等価な電流密度
    • 9.4 磁界の強さと比透磁率
    • 9.5 磁束密度と磁界の境界条件
    • 9.6 永久磁石の作る磁束密度と磁界の分布
    • 9.7 磁気回路
    • 9.8 磁気的エネルギー
    • 9.9 磁気的な力と回転力
    • 9.10 スカラー磁気ポテンシャル
    • 第9章演習問題
  • 10 磁性材料
    • 10.1 磁性材料の分類
    • 10.2 強磁性体におけるヒステリシス現象
    • 10.3 媒質を磁化するのに必要なエネルギー
    • 10.4 ヒステリシス損失
    • 10.5 強磁性体の磁化過程
    • 10.6 強磁性の原因の簡単な説明
    • 10.7 永久磁石
    • 10.8 磁石の歴史
    • 10.9 磁気記録
    • 第10章演習問題
  • 11 ラプラス,ポアソンの方程式の解法
    • 11.1 ラプラス,ポアソンの方程式の適用
    • 11.2 ポアソンの方程式の解法
    • 11.3 ポアソンあるいはラプラスの方程式の解の唯一性
    • 11.4 影像法
    • 11.5 誘電体と点電荷
    • 第11章演習問題
  • 12 時間変化のある磁束密度の場−電磁誘導および変位電流−
    • 12.1 電磁誘導
    • 12.2 インダクタンスによる電磁誘導
    • 12.3 磁束密度の場の中で導体が運動するとき
    • 12.4 磁束密度の場の中にある電流ループの位置エネルギー
    • 12.5 磁束密度の場の中にある電流に働く力
    • 12.6 電流による磁束密度の場は運動する電荷の相対論的効果
    • 12.7 ホール効果
    • 第12章演習問題
  • 13 電磁波
    • 13.1 電磁界の基礎方程式
    • 13.2 真空中における電磁波
    • 13.3 時間的に正弦波状に変化する場合の一様な平面波
    • 13.4 波数ベクトル
    • 13.5 空間の特性インピーダンス
    • 13.6 一般の場合の波動方程式(損失のある媒質中での電磁波)
    • 13.7 侵入の深さδ
    • 13.8 損失のある媒質中での特性インピーダンスと位相速度
    • 13.9 ポインティングベクトル
    • 13.10 損夫のある媒質中の電磁波の例
    • 13.11 群速度
    • 第13章演習問題
  • 14 電磁波の偏波,反射・屈折
    • 14.1 電磁界における境界条件
    • 14.2 偏波
    • 14.3 完全導体への平面波の垂直入射
    • 14.4 完全導体への平面波の斜め入射
    • 14.5 誘電体への平面波の垂直入射
    • 14.6 誘電体への平面波の斜め入射
    • 14.7 時間的変化をする電磁界におけるポテンシャル
    • 第14章演習問題