サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】講談社全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章
    • 1 本書の基本的意図と構成
    • 2 「スイスの銀行秘密」
  • 第1章 「IRS vs.UBS事件」の展開過程と「同事件に関する“スイスの国家的選択”」
    • 1 UBSに対する米国側の一方的措置の内実と事件の推移
    • 2 米国裁判所に対して提出されたスイス政府の「法廷の友(amicus curiae)」としての意見書(2009年4月30日&7月7日)
    • 3 米・スイス両国政府間の「UBS合意」(2009年8月19日署名)の内容と注意すべき点
    • 4 「UBS合意」をめぐるスイス国内での法的論議の展開プロセス
    • 5 「UBS合意修正プロトコル」(2010年3月31目)とそのスイス議会通過(同年6月17日)
    • 6 小括
  • 第2章 「従来のスイスにおける租税条約上の情報交換」と「堅持されていた“双方可罰性の要件”」
    • 1 “Tax fraud or the like”とスイスの国際刑事司法共助
    • 2 従来のスイスにおける「他の諸国との租税条約上の情報交換」の時系列的な展開過程
    • 3 典型としての「独・スイス租税条約改正プロトコル」(2002年3月12日署名)
    • 4 「双方可罰性の要件」に対するOECD側からの不当な(!?)攻撃
  • 第3章 「IRS vs.UBS事件」の展開過程でなされた「スイスの重大な政策変更」(2009年3月13日)
    • 1 2008年版OECDモデル租税条約26条の規律内容についての再確認
    • 2 「IRS vs.UBS事件」と併行してなされた「米・スイス租税条約」の改正(2009年9月23日署名)
    • 3 「対デンマーク」(2009年8月21日)を出発点とする『「対米」に先行する「他の諸国との租税条約改正」』における新たな情報交換条項を含めての比較検討
    • 4 「日・スイス租税条約改正プロトコル」(2010年5月21日署名)の情報交換条項
  • 第4章 OECDのタックス・ヘイブン対策と「租税条約上の情報交換」
    • 1 その展開過程と留意点
    • 2 G20及びグローバル・フォーラムにおける論議とスイス等四カ国の抵抗,そして,OECDへのスイス政府の苦情(2009年4月28日)
    • 3 スイスの「政治的決断」(2009年3月13日)と「法制度的な重大な岐路(!?)」
    • 4 「国境を渡った情報の他目的使用」の際限なき拡大
    • 5 「最後の砦」としてのスイス国内での行政訴訟?
    • 6 出発点に戻って再度問うべき「日本の対応」
  • 結章