サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

好評につき期間延長!2019年版カレンダー ポイントキャンペーン

目次

  • 序章 課題と分析枠組
    • はじめに
    • 第1節 問題の所在
    • 第2節 フランコ体制史研究における1950年代の位置づけ
    • 第3節 リンスの「権威主義体制」論再考−「本性」論を超えて
    • 第4節 本書の分析枠組−体制の「流動化」と政治変容
    • 第5節 本書の構成と史料状況
  • 第1章 「戦時」統治の限界
    • 第1節 1950年代初頭の政治構造
    • 第2節 1950年代初頭の社会・経済状況
    • 第3節 1951年春の騒乱−労働者と学生の抗議
    • 第4節 1951年7月の内閣改造
  • 第2章 カトリック界との「対立的共生関係」
    • 第1節 1950年代初頭の文化状況−「包摂派」と「排除派」?
    • 第2節 HOACとの関係−労働者の組織化・教化をめぐって
    • 第3節 中等教育法改正をめぐって
    • 第4節 コンコルダートの意義
    • 第5節 軋轢の一時的凍結
  • 第3章 「国民革命」の理念と現実
    • 第1節 ファランヘの再活性化−「未完の革命」の実現に向けて
    • 第2節 1954年市議会議員選挙−「有機的民主主義」というフィクション
    • 第3節 「大衆の獲得」−1950年代の社会・労働政策
    • 第4節 学生の叛乱−「次世代の指導者」から「騒擾の担い手」へ
  • 第4章 「常態」と「刷新」との間で
    • 第1節 「フランコなきフランコ体制」に向けて−アレーセ案の構想と挫折
    • 第2節 「実効性」の追求へ−自由化路線への決定的転換と中央行政の再編
    • 第3節 国民運動原則法発布への道のり
  • 終章 「安定化」の中の「変容」
    • 第1節 経済安定化計画の導入
    • 第2節 「1950年代の政治」の終わり
    • 第3節 「成長指向型独裁体制」への道

外国の政治・行政 ランキング

外国の政治・行政のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。