サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

目次

  • 藤原俊成とは誰か?
    • 1 転換期を生きた歌人
    • 2 文学史の中の藤原俊成
    • 3 本書の狙いと構成
  • 第Ⅰ部 和歌批評の基準を求めて
  • 第一章 導入部が語るもの
    • 1 和歌史の連続性
    • 2 和歌と人間心情との相関
    • 3 「もとの心」と「人の心」
    • 4 主題提示にむけた序奏
    • 5 補説
  • 第二章 仏典引用が語るもの
    • 1 なぜ『摩訶止観』序であったのか
    • 2 在来型歌学からの訣別と伝統への復帰
    • 3 同時代の『止観』受容との関係
    • 4 天台実相論の援用
    • 5 結縁
    • 6 まとめと補説
  • 第三章 主題をめぐる検討
    • 1 研究史の中で主題はどう捉えられてきたか
    • 2 歌論史の中での『古来風体抄』の位置
  • 第四章 和歌史から何を学ぶのか
    • 1 二本の柱
    • 2 和歌史を作る「人の心」
    • 3 撰者の心
    • 4 批評主体の課題
    • 5 下巻序文における自然美と和歌美
    • 6 結語
  • 第五章 情動表現への共感
    • 1 俊成的選択と公任的選択
    • 2 情動の流れへの一体化
    • 3 抄出歌左注から
    • 4 まとめと補説
  • 第六章 貫之「むすぶ手の」歌はどう読まれたのか
    • 1 俊成の解釈は標準的解釈なのか
    • 2 想定される俊成の解釈
    • 3 想定される俊成の享受
  • 第七章 直感を導く古歌
    • 1 『古今集』を「そのまま受け入れる」こと
    • 2 『古今問答』の位置と意義
    • 3 直感の根拠としての『古今集』
    • 4 批評の対象としての『拾遺集』『拾遺抄』
  • 第Ⅱ部 批評者俊成の形成と転身
  • 第八章 「幽玄」の批評機能・序論
    • 1 「幽玄」から何を探るか
    • 2 『十五夜撰歌合』の本文異同の様相
    • 3 通親歌の本文校訂と「幽玄」の解釈
    • 4 表現意図をすくいあげる「幽玄」
  • 第九章 秀歌でない歌の「幽玄」
    • 1 初期用例の検証課題
    • 2 古歌・古語摂取との関係
    • 3 古風を志向する意図の評価
    • 4 秀歌でない「幽玄」の意義
  • 第十章 西行との批評的対決と「幽玄」
    • 1 批評語「幽玄」の双価性
    • 2 非秀歌を救済する「幽玄」
    • 3 西行歌と対決する批評語「幽玄」
    • 4 「ともに幽玄」の批評的狙い
    • 5 『御裳濯河歌合』以後へ
  • 第十一章 伝統を志向する「幽玄」
    • 1 「幽玄」用法転回の検証課題
    • 2 古歌の理想化
    • 3 新風歌人への指導的意図
  • 第十二章 最晩年の「幽玄」用例
    • 1 顕昭の「幽玄」用例から
    • 2 『御室撰歌合』の「幽玄」
    • 3 最晩年の「幽玄」用例
    • 4 『千五百番歌合』判詞の「幽玄」
  • 第Ⅲ部 歌論史・和歌史と藤原俊成
    • 1 『和歌体十種』を読む
    • 2 俊成「述懐百首」への一視角