サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

目次

  • はじめに 「日本気象協会」の仕事は、おどろくほど多岐にわたっていた
  • 第1章 気象予報士が220人以上もいる「日本気象協会」
    • 超高層ビルの五十五階にある本社で取材
    • 「当時は、自分で天気図を書いていたんですよ」
    • 気象予報の進歩は、おどろくべきものがある
    • およそ二十年前に、「気象予報の自由化」が進められた
    • 数カ月先の予報まで出す「数値予報」
    • 「最後に決断を下すのは、予報官や気象予報士。人間なんです」
    • 「tenki.jp」は、国内最大級の気象情報ウェブサイト
  • 第2章 合格率は、約5パーセント。体験者が語る気象予報士試験
    • 気象予報士試験は、超難関?
    • 試験は、選択式の学科試験と、記述式の実技試験がある
    • 一カ月分の食料を買いこんで、家でもくもくと勉強
    • 子どもたちに天気予報の基礎を教えてあげる番組に出演
    • キャラクターの「じぇいわ君」は、「夕立」などを頭にのせて登場
  • 第3章 渡邊さんは、テレビ出演歴35年の人気気象キャスター
    • NHKで長く気象を解説してきた渡邊さん
    • 「はじめてのラジオ出演は、ただ返事をして終わりました」
    • 大切なのは、同じスタイルを続けることと、自分の仕事を楽しむこと
    • 災害情報は、伝える側も見ている方々も臆病でいい
    • 毎回、生放送。むずかしいのは、残り十秒のとき
  • 第4章 防災最前線(1)雨つぶの形までわかる「XバンドMPレーダ」
    • 「XバンドMPレーダ」は、高性能の最新型気象レーダー
    • 雨つぶは球体。大きな雨つぶは、あんパンのような形で落ちてくる
    • 九十度ちがう二種類の電波を同時に発射して、雨つぶを立体的に観測
    • 桃谷さんは、入社後、一時期「昆虫採集」をしていた!?
    • 異常気象は増加傾向にある。ただし、地球温暖化がすべての原因ではない
  • 第5章 防災最前線(2)津波情報を音速で伝えてくれる「微気圧計」
    • 「微気圧計」は、微小な気圧の変化を測定する観測機器
    • 地球規模で、核実験を監視
    • 「東日本大震災」の大津波をとらえていた
    • 波形には、それぞれ特徴がある
    • オーロラや、くずれる氷河も観測中
  • 第6章 安全をささえる、高速道路やオリンピックの気象業務
    • 高速道路に限定した気象情報を提供
    • 冬場は、積雪、路面凍結の心配がある
    • 自分が判断して出した気象予報で、三百人動くこともある
    • そのとき、担当者は重大な判断をせまられていた
    • 二〇二〇年「東京オリンピック」開催までに、何ができるのか?
    • 熱中症や局地的豪雨の対策も検討中
  • 第7章 開発ストーリー(1)「Go雨! 探知機」は、周囲の雨量が見える驚異のアプリ
    • 半径五キロメートル以内の雨量が瞬時にわかる
    • 「ここまでは、わかっている」ということを伝えていきたい
    • 「Go雨! 探知機」のヒットを直感!
    • できるだけ単純にして、動作を軽くしたかった
  • 第8章 開発ストーリー(2)販売数90万個の大ヒットとなった「熱中症計」シリーズ
    • インターネットで販売を開始すると、すぐに完売となった
    • 熱中症の危険度は、色別の光とブザーで知らせてくれる
    • 熊谷市内の全小学校で、熱中症の危険度を測定できるようにした
    • 「新たな計算式をつくり出したんです」
  • おわりに 気象業務は、無限の可能性を秘めている

理科・自然科学 ランキング

理科・自然科学のランキングをご紹介します一覧を見る