サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

  • まえがき
  • Ⅰ 勉強のコツ
  • 第1章 すべてを好みでやろう
    • 1.勉強をするのが嫌なら、勉強をしない
    • 2.能動的に勉強しよう
    • 3.勉強は参考書でしよう
    • 4.すべて好みで決めよう
    • 5.好きな科目だけ勉強しよう
    • 6.好きな姿勢で勉強しよう
  • 第2章 集中力なんていらない?
    • 7.意識を集中させる必要はない
    • 8.無理やり暗記をする必要はない
    • 9.覚えにくいことを、無理に覚えない
    • 10.細部も見ると覚えやすい
    • 11.疑問を持ったらすぐ調べよう
    • 12.猛スピードで勉強しよう
    • 13.飽きたときに我慢しない
    • 14.勉強中は小まめに歩こう
    • 15.勉強計画を立ててはいけない
    • 16.ゲームで忍耐力をつけよう
    • 17.したいことを我慢してはいけない
    • 18.他愛のないことを我慢してみよう
    • 19.のめり込める趣味を持とう
  • 第3章 学力向上のテクニック
    • 20.基本問題集を使おう
    • 21.問題をたくさん解こう
    • 22.問題集の使用は1回のみに
    • 23.数学では、基本問題集を終えたら難問集を
    • 24.しなければいけない、という思いを捨てよう
    • 25.学習マンガを読もう
    • 26.暗記イラストを描こう
  • 第4章 英語はからだで覚えるもの
    • 27.英語はからだで身につけよう
    • 28.長文のトレーニングをしない
    • 29.英語の文章を暗唱しよう
    • 30.英語の音に慣れよう
    • 31.練習する必要のない事柄を練習する必要はない
    • 32.流暢にしゃべることを目標にしない
    • 33.理詰めの表現ができるようになろう
  • 第5章 学力向上のテクニック、ふたたび
    • 34.友人と勉強の話をしよう
    • 35.人に教えてみよう
    • 36.イメージ・トレーニングをしよう
    • 37.ノートを取らない
    • 38.定期テストの準備を2日前までに終えよう
    • 39.要領よく勉強しよう
    • 40.テストはレースとして楽しもう
  • 第6章 それでもダメだという人のために
    • (1)勉強以外のことを我慢しよう
    • (2)宿題を必ずしよう
    • (3)宿題は可能なかぎり、早く終えよう
    • (4)自分にご褒美を与えよう
    • (5)暗記は眠る直前にしよう
    • (6)毎日8時間眠ろう
    • (7)基本問題だけを解こう
    • (8)わからない問題は考え抜かない
    • (9)どうしても理解できないことを理解する必要はない
    • (10)長時間続けて勉強をしてはいけない
    • (11)ながら勉強をしない
    • (12)教科書を読もう
    • (13)復習をしよう
    • (14)向上心を高めよう
    • (15)勉強計画を立てよう
    • (16)好きでない科目を家で勉強しない
    • (17)行動し始めたことはやり遂げよう
    • (18)今日できることを明日にまわさない
    • (19)しなければいけない、という意識を持ち続ける
  • Ⅱ 作文のコツ
  • 第1章 作文を組み立てる3つのポイント
    • 1.「要するに何」を決めよう
    • 2.「論ずる」とは何かを知ろう
    • 3.説得力を持たせよう
    • 4.結論をしっかり支えよう
    • 5.結論を「支えるもの」を詳しく書こう
    • 6.関係のないことを書いてはいけない
    • 7.支えるものとして「実例・事実」を書こう
  • 第2章 上手な作文が満たしている条件
    • 8.「要するに何」を最初に
    • 9.「読み手の興味を引く」とは何であるかを正しく知ろう
    • 10.独自性が必要
    • 11.独自性の観点から「要するに何」を決めよう
    • 12.平凡にならないためのコツ
    • 13.考え終えてから書こう
    • 14.冗漫であってはいけない
    • 15.修飾部分を独立させてはいけない
    • 16.冒頭の文で、唐突さを避ける工夫
    • 17.脱線−文学的な表現のコツ
  • 第3章 文章の形式とコツ
    • 18.小論文の形式が基本
    • 19.例外的な作文−「how‐to作文」の書き方
    • 20.「chronological作文」のコツ−平凡でない点をアピールしよう
    • 21.「概要の内容でアピール」の具体例
    • 22.「案内」は絶対に必要
    • 23.体験を書く場合でも理詰め色を忘れずに
    • 24.体験を書く場合のコツ−「見える」ように書く
    • 25.読書感想文の書き方
    • 26.基本や鉄則を破ってもいいときがある
    • 27.(最後に)作文の前にするべきこと
  • Ⅲ 暗記のコツ
  • 第1章 ちょっとした工夫で記憶力は伸びる
    • 1.意欲的であれ
    • 2.自分の記憶力に自信を持とう
    • 3.ちょっとした工夫で記憶力は飛躍的に伸びることを知ろう
    • 4.覚えようとする対象に興味を持とう
    • 5.リラックスしよう
    • 6.別のことを頭に入れないようにしよう
    • 7.小まめに思い出そう
    • 8.覚えにくいものを無理やり覚えようとしてはいけない
    • 9.自分で調べて覚えよう
    • 10.簡単に覚えられるものを、片っ端から覚えよう
  • 第2章 記憶するためのさまざまなテクニック
    • 11.視覚化しよう
    • 12.「視覚化」を日常生活でも利用しよう
    • 13.イラストを描こう
    • 14.誰が何をしたかは、絵を見ながら覚えよう
    • 15.インパクトを大切に
    • 16.あなた自身が感情的に反応するイラストを
    • 17.ダジャレも使おう
    • 18.連想を利用しよう
    • 19.場所や光景を変えよう
    • 20.芋づる式に覚えよう
    • 21.一覧表を作ろう
    • 22.長い形で覚えよう
    • 23.形容詞や動詞には、後ろに名詞を添えよう
  • 第3章 丸暗記ではなく理解が大事
    • 24.理解しよう
    • 25.それが何かを知ろう
    • 26.詳しく知ろう
    • 27.覚えにくいものは、少しだけ覚えよう
    • 28.「慣れる」ことで身につけよう
    • 29.体を動かそう
    • 30.感情を伴う記憶にしよう
    • 31.口に出して言おう
    • 付録小野田式語呂合わせ