サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

シグナリングのゲーム理論

シグナリングのゲーム理論

  • 澤木 久之(著)
  • 第1章 シグナリング・ゲームにおける均衡と精緻化
    • 1.1 経済制裁ゲーム
    • 1.2 完全ベイジアン均衡
    • 1.3 完全ベイジアン均衡:より厳密な定義
    • 1.4 支配基準
    • 1.5 直観的基準
    • 1.6 直観的基準の妥当性
    • 1.7 均衡支配テスト
    • 1.8 D1基準
    • 1.9 結語
    • 付録:ベイズ・ルール
  • 第2章 連続的行動のシグナリング・ゲーム:Spenceモデル
    • 2.1 連続的行動
    • 2.2 Spenceの就職市場モデル
    • 2.3 受け手の最適反応線
    • 2.4 送り手の無差別曲線
    • 2.5 完備情報下での均衡
    • 2.6 不完備情報:ねたみの生じるケース
    • 2.7 分離均衡
    • 2.8 一括均衡
    • 2.9 混成均衡
    • 2.10 Spenceモデルのまとめ
    • 2.11 (メッセージ,信念)平面による分析
    • 2.12 (メッセージ,利得)平面による分析
  • 第3章 連続的行動のシグナリング・ゲーム:さまざまなモデル
    • 3.1 Spenceモデル:教育が生産性を上げないバージョン
    • 3.2 Spenceモデル:3タイプのバージョン
    • 3.3 天才はシグナルしない
    • 3.4 メッセージに上限がある時
    • 3.5 メッセージが2次元のケース
    • 3.6 二回交差性(Double Crossing)
    • 3.7 文献紹介
  • 第4章 連続的タイプのシグナリング・ゲーム
    • 4.1 Mailathの条件
    • 4.2 送り手の最適化問題
    • 4.3 初期値条件と2階の条件
    • 4.4 単一交差性
    • 4.5 微分方程式が解けない場合
    • 4.6 微分方程式の意味
    • 4.7 D1基準と信念関数
    • 4.8 送り手と受け手の利得が似ているケース
    • 4.9 白人のようなふるまい:アクティング・ホワイト
    • 4.10 協調性の理論
    • 4.11 文献紹介
  • 第5章 チープトーク・ゲーム
    • 5.1 夫婦のゲーム(1):仲の良いケース
    • 5.2 夫婦のゲーム:そのほかのケース
    • 5.3 均衡の精緻化:耐ネオロジズム
    • 5.4 チープトーク・ゲームにおける他の精緻化基準
    • 5.5 Crawford−Sobelモデル
    • 5.6 チープトーク・ゲームの拡張
    • 5.7 文献紹介
  • 第6章 拡張・深化を続けるシグナリング理論
    • 6.1 両シグナル均衡
    • 6.2 行動と言葉
    • 6.3 さまざまな不完備情報モデル
    • 6.4 結語
  • 補論1 均衡に関する補足事項
    • A1.1 完全ベイジアン均衡(PBE)の存在理由
    • A1.2 弱でないPBE
    • A1.3 逐次均衡
    • A1.4 摂動完全均衡
  • 補論2 精緻化に関する補足事項
    • A2.1 前向き推論法
    • A2.2 戦略的安定性
    • A2.3 シグナリング・ゲームにおけるNWBR
    • A2.4 結語