サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

目次

破壊力学

破壊力学 (機械工学基礎課程)

  • 中井 善一(著)/ 久保 司郎(著)
  • 0.序論
    • 0.1 破壊力学とは
    • 0.2 Griffithの破壊モデル
    • 0.3 余寿命評価と非破壊検査
    • 0.4 破壊力学と設計
  • 1.き裂の弾性解析
    • 1.1 応力
    • 1.2 ひずみ
    • 1.3 応力とひずみの関係
    • 1.4 Airyの応力関数
    • 1.5 複素応力関数
    • 1.6 1個のき裂をもつ無限板の応力解析
  • 2.線形破壊力学
    • 2.1 線形破壊力学とは
    • 2.2 応力拡大係数
    • 2.3 き裂の開口変位
    • 2.4 エネルギー解放率
    • 2.5 き裂材の変形
    • 2.6 小規模降伏
    • 2.7 モードⅢにおけるき裂先端塑性域
    • 2.8 モードⅠにおけるき裂先端塑性域とDugdaleモデル
    • 2.9 動破壊力学
  • 3.弾塑性破壊力学
    • 3.1 弾塑性破壊力学とは
    • 3.2 弾塑性破壊力学の基本原理
    • 3.3 J積分
    • 3.4 増分塑性体に対するJ積分の適用性
    • 3.5 クリープき裂先端近傍の特異場と修正J積分
    • 3.6 J積分による評価の限界
    • 3.7 弾塑性破壊力学の役割
    • 3.8 J積分の評価
    • 3.9 き裂先端開口変位(CTOD)
    • 3.10 弾塑性破壊力学と塑性不安定
  • 4.破壊力学パラメータの数値解析法
    • 4.1 数値破壊力学の役割
    • 4.2 応力拡大係数の数値的評価
    • 4.3 J積分の数値的評価
  • 5.破壊靱性
    • 5.1 破壊靱性
    • 5.2 巨視的破壊過程と破壊靱性評価
    • 5.3 破壊靱性のエネルギー論的解釈
    • 5.4 破壊靱性と破壊機構
    • 5.5 破壊靱性に及ぼす各種因子の影響
    • 5.6 破壊靱性試験法
    • 5.7 延性き裂の進展と不安定延性破壊
    • 5.8 動的破壊靱性
    • 5.9 混合モード破壊靱性
  • 6.疲労き裂伝ぱ
    • 6.1 疲労き裂の破壊力学
    • 6.2 疲労き裂近傍の塑性変形
    • 6.3 疲労き裂開閉口
    • 6.4 疲労き裂に対する小規模降伏
    • 6.5 疲労き裂の弾塑性破壊力学
    • 6.6 小規模降伏条件下の疲労き裂伝ぱ
    • 6.7 疲労き裂伝ぱの理論
    • 6.8 疲労き裂下限界の理論
    • 6.9 応力比の影響
    • 6.10 疲労き裂伝ぱの下限界
    • 6.11 疲労き裂伝ぱ寿命
    • 6.12 残留応力の影響
    • 6.13 応力振幅変動下の疲労き裂伝ぱ
    • 6.14 弾塑性疲労き裂伝ぱ
    • 6.15 混合モード下における疲労き裂伝ぱ
    • 6.16 微小な疲労き裂の伝ぱ
    • 6.17 微小な疲労き裂の下限界に関するモデル
    • 6.18 疲労破面
  • 7.クリープおよび高温疲労き裂伝ぱ
    • 7.1 破壊力学パラメータ
    • 7.2 クリープJ積分の評価
    • 7.3 小規模クリープ
    • 7.4 経年劣化材のクリープき裂伝ぱ
    • 7.5 高温疲労き裂伝ぱ
    • 7.6 クリープ・疲労相互作用
    • 7.7 微小き裂の伝ぱ
  • 8.応力腐食割れおよび腐食疲労き裂伝ぱ
    • 8.1 応力腐食割れの特徴
    • 8.2 応力腐食割れの下限界
    • 8.3 応力腐食割れき裂伝ぱの理論
    • 8.4 動応力腐食割れき裂伝ぱ
    • 8.5 繰返しSCCおよび腐食疲労き裂伝ぱ
    • 8.6 短い疲労き裂の伝ぱ
    • 8.7 腐食疲労き裂伝ぱの理論
    • 8.8 き裂開閉口の影響
  • 9.破壊力学実験法
    • 9.1 試験片
    • 9.2 き裂長さ測定法
    • 9.3 き裂開閉口測定法
    • 9.4 K制御試験
    • 9.5 き裂伝ぱ速度計算法
  • A.回転を拘束された片側き裂材の引張り

工業基礎学 ランキング

工業基礎学のランキングをご紹介します一覧を見る