サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

ワンガリ・マータイ ケニアに緑を取りもどした環境保護活動家

ワンガリ・マータイ ケニアに緑を取りもどした環境保護活動家 (学研まんがNEW世界の伝記SERIES)

  • 毎日新聞社MOTTAINAIキャンペーン事務局(監修)/ MAKO.(まんが)
  • プロローグ 未来はかえられる!
    • ●東日本大震災後の復興支援で、ワンガリ・マータイの活動がきっかけで始まった「モッタイナイプロジェクト」は、おもちゃの新古品の寄付をおこなった。
  • 1 がんばり屋の女の子
    • ●ワンガリは大自然にかこまれてすくすく育つ。当時女の子はあまりいかなかった小学校へ通い、勉強も家の手つだいもなまけない、がんばり屋の女の子に成長した。
  • 2 マウマウ団の反乱とアメリカ留学
    • ●ケニアで、イギリスの支配への不満から、反乱が起きる。もっと勉強したいワンガリは、アメリカに留学する。人種差別、環境保護などに問題意識を持った。
  • 3 グリーンベルト運動のスタート
    • ●アメリカから帰国してみると、ケニアはイギリスからの独立ははたしたが、環境破壊が進んでいた。ワンガリは苗木を植えることを思いつき、グリーンベルト運動がスタートした。
  • 4 緑の闘士
    • ●経済発展を第一に考え、環境保護を大事にしない政府に対し、ワンガリは一歩もひかず反対運動を進める。暴力にもまけないワンガリは、ついに世界を味方につける。
  • 5 “立ち上がり、歩こう!”
    • ●ワンガリは、民族間の争いや、人種差別、女性差別問題にも立ち向かっていた。そんなワンガリは、環境分野ではじめてのノーベル平和賞を受賞する。
  • 6 「モッタイナイ」との出会い
    • ●ワンガリは、日本で「もったいない」という言葉に出会う。これはワンガリの、自然やものを尊敬し大切に使う心そのものを表していた。モッタイナイプロジェクトがスタートする。
  • 7 ワンガリの思いを引きついで
    • ●「まだやることがある」といいながら世を去ったワンガリであったが、グリーンベルト運動、モッタイナイプロジェクトの活動は、後の世に受けつがれていく。「未来はかえられる」という教えとともに。
  • まんがの内容がもっとよくわかる ワンガリ・マータイとケニア