サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

ベーシック分子生物学

ベーシック分子生物学

  • 米崎 哲朗(著)/ 升方 久夫(著)/ 金澤 浩(著)
  • 1章 分子生物学の誕生−DNA時代の始まり−
    • 1−1 メンデル以前の考え方
    • 1−2 メンデルと遺伝子
    • 1−3 モーガンと染色体と遺伝子
    • 1−4 グリフィスとアベリーの形質転換
    • 1−5 ハーシーとチェイスの遺伝物質
    • 1−6 ファージ・バクテリアとDNA時代の幕開け
  • 2章 DNAと遺伝子概念
    • 2−1 DNAの構造
    • 2−2 遺伝子の代謝支配
    • 2−3 一遺伝子一酵素説
    • 2−4 遺伝子の相補性
    • 2−5 DNAと遺伝子の構造
  • 3章 遺伝システムと生命
    • 3−1 遺伝子と生物
    • 3−2 遺伝子と生命活動
    • 3−3 遺伝子情報はRNAが伝達しているのか
    • 3−4 遺伝暗号
    • 3−5 セントラル・ドグマ
  • 4章 遺伝子発現の第一段階−転写−
    • 4−1 RNAポリメラーゼ
    • 4−2 転写プロモーターとその認識
    • 4−3 転写開始
    • 4−4 転写伸長
    • 4−5 転写ターミネーター
  • 5章 転写調節
    • 5−1 RNAポリメラーゼによる調節
    • 5−2 転写因子による調節
    • 5−3 正の調節
    • 5−4 負の調節
    • 5−5 転写調節の実際
  • 6章 遺伝子発現の第二段階−翻訳−
    • 6−1 tRNA
    • 6−2 アミノアシルtRNA合成酵素
    • 6−3 リボソーム
    • 6−4 翻訳開始
    • 6−5 ペプチド鎖伸長
    • 6−6 翻訳終結
  • 7章 翻訳調節および翻訳と転写の相互作用
    • 7−1 リボソームによる調節
    • 7−2 調節因子による調節
    • 7−3 翻訳と転写の共役による調節
    • 7−4 リボソーム,細胞質からの転写調節シグナル
  • 8章 RNAプロセシング
    • 8−1 rRNAとtRNAの成熟
    • 8−2 塩基とヌクレオシドの修飾
    • 8−3 スプライシング
    • 8−4 RNAエディティング
  • 9章 遺伝子発現のファインチューニング
    • 9−1 mRNA分解の意義
    • 9−2 mRNA分解機構
    • 9−3 リボソームを救済するtmRNA
    • 9−4 RNAによる調節
    • 9−5 リボスイッチ
  • 10章 遺伝情報の複製−DNA複製−
    • 10−1 複製の基本様式
    • 10−2 DNA複製の基本反応
    • 10−3 Okazakiフラグメント合成
    • 10−4 複製フォークで働くタンパク質
    • 10−5 真核生物の複製装置
    • 10−6 レプリコン説と複製開始反応
    • 10−7 原核生物の複製開始とその制御
    • 10−8 真核生物の複製開始点
    • 10−9 細胞周期による複製開始の制御
  • 11章 遺伝情報の維持−DNA修復−
    • 11−1 突然変異
    • 11−2 複製途中の間違いを直す校正機能
    • 11−3 DNAの修復機構
    • 11−4 ミスマッチ(誤対合)修復
    • 11−5 ヌクレオチド除去修復(NER)
    • 11−6 塩基除去修復(BER)
    • 11−7 組換えによる二重鎖切断の修復
    • 11−8 損傷乗り越えDNA合成
  • 12章 遺伝情報の可能性−DNA組換えと突然変異−
    • 12−1 相同組換え反応
    • 12−2 減数分裂期組換え
    • 12−3 部位特異的組換え
    • 12−4 トランスポゾン
  • 13章 細胞の成り立ち−原核生物と真核生物−
    • 13−1 原始細胞
    • 13−2 細胞膜の役割と構造
    • 13−3 原核生物と真核生物
    • 13−4 原核細胞の構造
    • 13−5 真核細胞は細胞核をもつ
    • 13−6 ミトコンドリアと葉緑体の共生説
    • 13−7 真核生物のゲノム
  • 14章 細胞の膜構造と機能
    • 14−1 生体膜の働き
    • 14−2 生体膜の構造
    • 14−3 細胞膜を介する物質の輸送
    • 14−4 細胞膜とシグナルの伝達
  • 15章 膜系細胞小器官とその役割
    • 15−1 さまざまな細胞小器官とその役割
    • 15−2 局在化のシグナル配列
    • 15−3 シグナル配列と局在化機構
    • 15−4 細胞内小胞輸送
  • 16章 染色体
    • 16−1 ヌクレオソームを形成するヒストン
    • 16−2 ヒストンテールは多様な修飾を受ける
    • 16−3 ユークロマチンとヘテロクロマチン
    • 16−4 ヘテロクロマチン形成にRNA干渉が関与する
    • 16−5 セントロメアの構造と機能
    • 16−6 セントロメアの本質はエピジェネティックである
    • 16−7 テロメア
  • 17章 細胞周期とチェックポイント
    • 17−1 細胞周期の概念の発見
    • 17−2 分裂期(M期)
    • 17−3 細胞周期を進行させる因子の発見
    • 17−4 CDKの活性制御
    • 17−5 細胞周期の制御
    • 17−6 細胞周期のチェックポイント
    • 17−7 チェックポイント制御の破綻
  • 18章 がんとアポトーシス
    • 18−1 がんとはどのような病気か
    • 18−2 オンコジーン
    • 18−3 がん抑制遺伝子
    • 18−4 発がんに至る多段階の異常
    • 18−5 アポトーシス
  • 19章 遺伝子操作の背景
    • 19−1 遺伝子操作の概略
    • 19−2 制限酵素
    • 19−3 ベクターの種類とその性質
  • 20章 遺伝子のクローニングと遺伝子工学
    • 20−1 遺伝子のクローニングの方法
    • 20−2 塩基配列決定法
    • 20−3 遺伝子発現の機能領域の決定
  • 21章 遺伝子工学の応用
    • 21−1 遺伝子欠損による細胞機能の解析
    • 21−2 遺伝子機能を失った生物個体の創出
    • 21−3 遺伝子の人工導入による高等生物個体の研究
    • 21−4 遺伝子の異常と病気
    • 21−5 ゲノム多型と疾患・DNA鑑定
  • 22章 バイオインフォマティクス
    • 22−1 バイオインフォマティクスとは
    • 22−2 DNAの情報ライブラリー作成とアノテーション
    • 22−3 配列アラインメント
    • 22−4 ゲノムを用いた系統樹作成
    • 22−5 ゲノムの比較解析
    • 22−6 タンパク質の構造予測と機能ドメイン検索