サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 土佐幡多荘における地域史研究の課題と本書の目的
    • 第一節 土佐幡多荘について
    • 第二節 幡多荘と中世地域史研究の現状
    • 第三節 研究史料について
    • 第四節 本書の目的と構成
  • 第一部 金剛福寺の勧進活動と地域社会
  • 第一章 観音霊場−中世金剛福寺の成立
    • 第一節 土佐国衙と金剛福寺
    • 第二節 幡多荘の立荘と金剛福寺
    • 第三節 観音霊場の成立
  • 第二章 中世金剛福寺の勧進活動
    • 第一節 建長の回禄と勧進活動
    • 第二節 正応の回禄と寺領の拡大
    • 第三節 嘉元大検注と津倉渕の寄進
    • 第四節 延慶の回禄と心慶の勧進活動
    • 第五節 金剛福寺の院主たち−南仏、快慶、心慶、定慶について
  • 補論1 金剛福寺本尊千手観音立像胎内資料について
    • 第一節 胎内納入品、結縁書に見る人々の信仰
    • 第二節 結縁交名紙札について
    • 第三節 僧侶の結縁交名について
  • 第三章 幡多荘船所と観音信仰
    • 第一節 金剛福寺と船所職
    • 第二節 末寺観音寺の社会経済活動
    • 第三節 観音信仰と末寺飯積寺の役割
  • 補論2 飯積寺十一面観音像造像銘に見える仏師・圓海について
    • 第一節 飯積寺十一面観音像
    • 第二節 仏師圓海
  • 第二部 寺社資料に見る国人の動向と信仰
  • 第一章 中世の大方郷と国人入野氏
    • 第一節 東福寺領土佐国幡多荘大方郷について
    • 第二節 一条教房の土佐下向と入野氏
    • 第三節 寺社資料にみる入野氏
    • 第四節 入野氏の没落
  • 第二章 土佐一条家の成立と国人加久見氏
    • 第一節 一条家の幡多荘直務支配と加久見氏
    • 第二節 加久見氏と金剛福寺の関係について
    • 第三節 土佐国衆加久見兄弟について
    • 第四節 蓮光寺鋳鐘勧進の目的と背景
  • 第三章 四万十川(渡川)合戦と一条兼定
    • 第一節 兼定の豊後出陣の時期
    • 第二節 四万十川合戦と幡多の寺院勢力
    • 第三節 長宗我部氏の宗教政策
    • 第四節 キリシタン史料に見える兼定と「長島の城」
    • 第五節 元親の南予侵攻と兼定の戸島移転
    • 第六節 法華津氏と使僧の役割
    • 第七節 兼定の最後
  • 第四章 中世爪白の仏教文化と東小路氏
    • 第一節 覚夢寺釈迦堂と阿弥陀堂
    • 第二節 二河白道図と浄土信仰
    • 第三節 『長元記』に見える爪白殿
    • 第四節 東小路氏の系譜
    • 第五節 地検帳に見る戦国期末の爪白
    • 第六節 検地以後の地域社会の変遷
  • 補論1 爪白の石造物について
    • 第一節 覚夢寺の石造物
    • 第二節 爪白の仏教文化と都鄙間交流
  • 第五章 中世幡多荘の世界と下田港
    • 第一節 一条家領土佐国幡多荘について
    • 第二節 幡多荘船所と横浜
    • 第三節 中世水運の発達と幡多荘中村
    • 第四節 一条教房の土佐下向と幡多荘直務支配
    • 第五節 下山の材木で再建された京都一条邸
    • 第六節 長宗我部地検帳にみる戦国期末の下田
    • 第七節 不破八幡宮神事の一宮神社神輿船渡御と下田
    • 第八節 一宮神社神輿船渡御神役の歴史的背景
  • 終章 土佐幡多荘の地域社会形成と仏教文化
    • 第一節 結論
    • 第二節 成果と今後の課題