サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

目次

  • 序 平安朝の和文学と儒教の文学観
  • 第一章 和歌勅撰への道
    • はじめに
    • 一 和歌勅撰への道
    • 二 古今集の成立
    • 三 古今集勅撰以後の論理
    • 付 真名序と仮名序の問題
  • 第二章 詩経毛伝と物語学
    • 一 はじめに
    • 二 毛伝と平安時代の文学観
    • 三 「まこと」と「そらごと」の文学観−源氏物語螢巻の物語論
    • 四 「まこと」「そらごと」の文学史−歌物語と家集と日記
    • 五 源氏物語の古典化と注釈の発生
    • 六 河海抄−准拠論のこれまで
    • 七 隠された歴史事実を顕わす注釈書−伊勢物語と古今集の場合
    • 八 毛伝鄭玄注の注釈法−注釈が明らかにすべきこと
    • 九 毛伝と物語学−河海抄が目指したもの
  • 第三章 源氏物語螢巻の物語論義
    • 一 物語論の問題点−平安朝の貴族知識人における事実と虚事
    • 二 螢巻の物語論を読む
    • 三 物語論の波及するところ
  • 第四章 紫式部日記の「日本紀をこそ読みたまへけれ」について
    • 一 はじめに
    • 二 注釈書の説々
    • 三 「日本紀を読む」について
    • 四 「日本紀」は日本書紀「給ふ」は尊敬の用法
    • 五 日本紀と対比された書籍
    • 六 おわりに−日本紀と物語
  • 第五章 源氏物語桐壺巻「いづれの御時にか」の注釈思想史
    • 一 はじめに
    • 二 桐壺巻頭の施注における二つの立場
    • 三 毛伝的文学観と源氏物語の価値
    • 四 歌よみ的享受の流れ
    • 五 物語は妄語とする流れ
    • 六 准拠論は物語の歴史書化
    • 七 桐壺巻頭の注と毛詩大序
    • 八 「そらごと」「まこと」の文学観の行方
  • 第六章 源氏物語享受史における宋学受容の意義
    • 一 はじめに
    • 二 岷江入楚の大意にみられる宋学の受容−四書大全・五経大全を中心に
    • 三 室町時代における宋学の受容状況
    • 四 細流抄から岷江入楚へ−朱子学による儒教的意義付け
  • 第七章 源氏物語享受史における寓言論の意義
    • 一 はじめに
    • 二 荘子の寓言と本朝の寓言理解
    • 三 源氏物語は託事とする理解
    • 四 弘安源氏論義と准拠と寓言
    • 五 河海抄の寓言
    • 六 河海抄以後の寓言論の展開
    • 七 寓言・准拠の近世的展開−役割の転換
  • 第八章 大和物語と伊勢物語
    • 一 はじめに
    • 二 歌学の書としての大和物語−伊勢物語との併称
    • 三 大和物語の教誡的享受−物語としての存在価値
    • 四 歌物語としての享受−伊勢物語との対比の中で
    • 五 「大和物語」の形成−事実から虚事へ
    • 六 官撰の書と民間の巷説−撰集・家集と物語
    • 七 おわりに
  • 第九章 本居宣長の矛盾
    • 一 物のあはれを知ることの効用
    • 二 詩経の本意と効用
    • 三 宣長の矛盾