サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

目次

  • 第一章 自分の眼で見ることの大切さ
    • 北朝鮮はどんな国?
    • メディアから受け取る情報だけでは偏る
    • 僕が見た北朝鮮
    • 日本とどこが違うのか?
    • メディアは人の意識を変え、国の形を変える
  • 第二章 メディアは必要か?
    • 戦争がどのように始まるかを語り継ぐこと
    • 戦争が起きるときメディアはストッパーにならない
    • なぜメディアは必要なのか
    • 僕たちはメディアから与えられた情報でイメージを作っている
    • メディアは要約する
    • メディアは情報を加工する
  • 第三章 メディア・リテラシーとは?
    • 国家がメディアをコントロールするとどうなるか
    • メディアは怖い。使い方を誤ると…
    • メディアのせいで間違った世界観を持つかもしれない−〈袴田事件〉のこと
    • メディアによって犯人にされる!?−〈松本サリン事件〉のこと
  • 第四章 映像メディアを理解しよう
    • テレビの副作用
    • ニュースの順番を考えているのは誰?
    • テレビは世界の複雑さを再構成して簡略化する
    • 情報は作られる
    • 「何かを撮る」行為は「何かを隠す」行為だ
    • ニュースは主観でできている
    • メディアは間違える
    • オーウェルの「1984年」は過去の話ではない
    • 戦争はこうして起きる
    • ネットでは事前情報のないまま世界に流れる
    • 「中立」だと誰が判断できるのか?
    • メディアは本質的な矛盾を抱えている
  • 第五章 事実と噓の境界線上にある、それがメディアだ
    • 今見ているものは現実の一部でしかない
    • メディアは最初から噓なのだ
    • 事実はひとつじゃない。世界は無限に多面体だ
    • マーケットを作っているのは私たちである
  • あとがき