サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

目次

  • 序章 課題と研究の方法
    • 一 『源氏物語』の主題論と本研究の課題
    • 二 物語の動態的把握と作者の視座
    • 三 光源氏青・壮年期の創作過程と草子地の機能
    • 四 光源氏晩年期における源氏造型と物語操作
    • 五 薫の物語における物語展舒への懐疑
  • Ⅰ 光源氏の物語青年期
  • 第一章 『源氏物語』の成立
    • 一 「かがやく日の宮」をめぐる問題点
    • 二 従来の成立論の吟味
    • 三 成立をめぐる解の試み
    • 四 筑紫五節・朝顔
    • 五 『源氏物語』執筆当初の形態
  • 第二章 「桐壺」巻考
    • 一 物語成立に関する考え方と「桐壼」巻
    • 二 巻の構成と制作の経緯
    • 三 「桐壺」巻後記説の検討と同巻の位相
    • 四 巻末尾の記事の付加
    • 五 「桐壺」巻の執筆段階
  • 第三章 光源氏青年期の「色好み」像の形成
    • 一 光源氏の恋と「色好み」
    • 二 「色好み」の用語例
    • 三 「紅葉賀」巻末近くの挿話と「帚木」巻冒頭部における源氏像の照応性
    • 四 物語始発部の制作の経緯と源氏の「すき」
    • 五 『伊勢物語』の「色好み」から源氏の「色好み」像へ
    • 六 源氏の「色好み」像とその変容
  • 第四章 帚木三帖の構想的位相
    • 一 帚木三帖の執筆の経緯
    • 二 藤壺・葵上・六条御息所をめぐる記述
    • 三 「おのがいとめでたしと」をめぐる解
    • 四 夕顔造型の意味と「夕顔」巻の主題性
    • 五 夕顔像と作者の物語創作
  • 第五章 藤壺構想と朧月夜構想の関わり
    • 一 「賢木」巻末朧月夜との密会の挿話の違和性について
    • 二 藤壺と朧月夜の関係性
    • 三 藤壺をめぐる物語の原構想とその変更
    • 四 藤壺の役割とその退場の意味
  • Ⅱ 光源氏の物語壮年期
  • 第六章 「澪標」巻論
    • 一 光源氏の復権をめぐる動きと「澪標」巻の構想
    • 二 御子三人の構想の成立
    • 三 二条東院構想
    • 四 前斎宮の入内の構想
    • 五 明石君構想の変化
    • 六 「澪標」巻における源氏の状況の据え直しと以後の構想の進展
  • 第七章 「蓬生」「関屋」両巻末部の草子地についての小考
    • 一 「蓬生」巻末の草子地に見られる訝しみについて
    • 二 作者の意識の末摘花への内在化とその相対化
    • 三 「関屋」巻末の草子地
    • 四 「蓬生」「関屋」両巻から玉鬘十帖へ
  • 第八章 光源氏論
    • 一 玉鬘の登場と「玉鬘」以下十帖における光源氏把握の視点
    • 二 「初音」巻における源氏の主人公性の変化
    • 三 玉鬘への懸想と新たな物語状況
    • 四 源氏における恋の葛藤と二人の心情的接近
    • 五 源氏の玉鬘庇護の変更と周囲によるその反動
    • 六 玉鬘十帖における源氏像の変化と以後の物語
  • 第九章 玉鬘論
    • 一 玉鬘の形容表現について
    • 二 形容表現の変遷
    • 三 源氏の懸想と玉鬘
    • 四 「女の御心ばへは、この君をなむ本にすべき」
    • 五 「真木柱」巻の玉鬘
    • 六 玉鬘をめぐる形容表現と物語展開の連関
  • Ⅲ 光源氏の物語晩年期
  • 第十章 六条院の「内」と紫上の「内」
    • 一 六条院における視線の錯綜と紫上
    • 二 六条院の「内」と紫上の孤立性
    • 三 紫上において隠蔽される「内」の必然
    • 四 「内」の閉ざされと紫上の視座の転換
    • 五 紫上の絶望と新たな理想性
  • 第十一章 晩年の光源氏の造型
    • 一 柏木=女三宮事件発覚時の光源氏の思惟の特異性
    • 二 源氏における個別的演者性と評者性の併存
    • 三 源氏における他者との心理的距離の操作
    • 四 源氏の心情と物語操作者の意識の類同
    • 五 作者の感慨の作中への移し入れ
  • 第十二章 「鈴虫」巻論
    • 一 「横笛」巻と「鈴虫」巻の時間の併進性
    • 二 「鈴虫」巻の構想的意図
    • 三 「横笛」巻の夕霧=落葉宮恋愛譚と「鈴虫」巻
    • 四 「鈴虫」巻構想の動態
    • 五 冷泉院・秋好中宮と源氏
    • 六 「夕霧」巻における夕霧の行動と源氏
    • 七 「つなぎ」としての「鈴虫」巻の意味
  • 第十三章 「御法」巻の成立
    • 一 「鈴虫」巻と光源氏の終焉の構想
    • 二 紫上の出家願望の作用
    • 三 夕霧の落葉宮懸想と紫上「犯し」への危惧
    • 四 空蟬の出家の挿話と作者の実体験に見る「犯し」のモチーフ
    • 五 紫上を哀惜する源氏の主人公的位相
  • 第十四章 「御法」巻の主題性
    • 一 一体化の表現について
    • 二 「御法」巻における「あはれなり」
    • 三 紫上の「身を惜しむ心」とその利他性
    • 四 「御法」巻の紫上の位境
    • 五 「御法」巻から「幻」巻へ
  • 第十五章 「幻」巻における光源氏の現世執着と救済
    • 一 光源氏の出家の問題と「幻」巻
    • 二 年初の源氏の閉鎖性
    • 三 「いとつれづれなれば」以後の源氏
    • 四 主題性をめぐる所論と語り手の一体化の表現
    • 五 「御法」「幻」巻の主題性と以後の物語
  • Ⅳ 薫の物語
  • 第十六章 宇治大君の造型の方法
    • 一 柏木から薫への主題的継承、及び大君像考察の視点
    • 二 宇治八宮の遺言の意図と大君の結婚拒否について
    • 三 大君の中君後見の意思について
    • 四 大君の意識と作者紫式部の心の形との類同性
    • 五 大君の死をめぐる構想について
    • 六 大君に見る作者の自己認識と人間観
  • 第十七章 薫造型の方法
    • 一 薫における聖性と俗性の関係性
    • 二 「宿木」巻の構想と薫像
    • 三 薫をめぐる草子地の一側面
    • 四 作者の薫への心情的寄り添いの姿勢と新たな構想
  • 第十八章 浮舟入水から物語結末に至る構想の連関について
    • 一 浮舟登場の理由と入水の構想
    • 二 浮舟の出家をめぐる構想的意図
    • 三 浮舟における「すき」と「まめ」
    • 四 作者における「あだ」
    • 五 浮舟出家から物語終焉への構想的連関
  • 終章 研究の総括