サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

目次

  • はじめに
  • 第一章 サリヴァンとの出会い
    • 生後十九か月で視力と聴力を失う/意志を伝えられないもどかしさ/ベル博士との出会い/アン・サリヴァンに白羽の矢が/野生の動物のようなヘレン/新たな人生の扉が開いた/言葉の獲得/言葉で世界が広がる
  • 第二章 障害があってもチャレンジを続ける
    • ベル博士とアナグノス校長との再会/発声法との出会い/世界の有名人に/『霜の王様』事件/ナイアガラの滝とシカゴの万国博覧会に/ライト・ヒューマン聾学校で改めて発声を学ぶ/ケンブリッジ女子校に入学/アンとケンブリッジ女子校校長が対立
  • 第三章 大学生活、そして社会活動に目覚めて
    • ラドクリフ・カレッジに入学/ジョン・メイシーとの出会い/『我が生涯』の出版/アンとジョンの結婚/聾や盲は、社会の問題と深く関連/ヘレンとジョンが社会党に入党/アンとジョンの結婚が破たん/ヘレンの急進的な活動に、社会は反発/第一次世界大戦開戦。平和運動に/生涯にただひとつの恋
  • 第四章 障害者の希望の星に
    • 映画やヴォードヴィルショーへの出演/アメリカ盲人援護協会の広告塔として/失明が根絶され、すべての子どもが教育を受けられるように/障害者たちの希望の星に
  • 第五章 ヘレンと日本
    • 明治時代に日本独自の点字が誕生/大阪の岩橋武夫がヘレンに訪日を依頼/ヘレンが来日。三十九都市で講演を/傷ついた兵隊の慰問に/二度目の訪日。長崎と広島に/三度目の訪日。そして東京で第一回アジア盲人福祉会議を開催
  • おわりに
  • 巻末エッセイ 「ことばの人、ヘレン・ケラー」高橋源一郎
  • 年表
  • 読書案内
  • 設問