サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

徳川日本の論語解釈

徳川日本の論語解釈

  • 黄 俊傑(著)/ 工藤 卓司(訳)
  • 第一章 中日儒学思想史のコンテクストから論じる「経典性」の意義
    • 一、はじめに
    • 二、儒家思想のコンテクストにおける「経典性」の三つの様相
    • 三、儒家の「経典性」がもつ三つの様相間における関係
    • 四、結論
  • 第二章 経典解釈における「コンテクスト的転換」
    • 一、はじめに
    • 二、経典における概念の形成とそのコンテクスト性
    • 三、文化を越える思想伝播の過程における「コンテクスト的転換」−その類型と意義
    • 四、「コンテクスト的転換」の方法論問題
    • 五、結論
  • 第三章 日本儒学における『論語』
    • 一、はじめに
    • 二、日本の儒者における「文化的アイデンティティ」の二重性
    • 三、孔子思想中の価値理念と徳川時代儒者の解釈
    • 四、孟子の易姓革命思想と日本政治体制との緊張関係
    • 五、結論
  • 第四章 護教学としての経典解釈学
    • 一、はじめに
    • 二、伊藤仁斎の『論語』解釈法
    • 三、伊藤仁斎『論語』学の思想的立場と孔学の再構築
    • 四、伊藤仁斎『論語』学の論述目的
    • 五、結論
  • 第五章 政治論としての経典解釈学
    • 一、はじめに
    • 二、「道とは、先王の道なり」−孔子の「道」の政治的解釈
    • 三、「聖人とは、道の出づる所なり」−聖人としての先王
    • 四、徂徠学における六経の位置−「聖人の道を求めんと欲する者は、必ず諸れを六経に求む」
    • 五、結論
  • 第六章 日本儒者の『論語』「学而時習之」解釈
    • 一、はじめに
    • 二、日本儒者における「学而時習之」章解釈の三種の方法
    • 三、中国儒者の解釈とその哲学問題
    • 四、朝鮮儒者の解釈とその思想的基礎
    • 五、結論
  • 第七章 日本儒者の『論語』「吾道一以貫之」解釈
    • 一、はじめに
    • 二、日本儒者の「吾道一以貫之」についての解釈
    • 三、日本儒者の宋儒批判とその思想史的位置
    • 四、日本儒者と朝鮮儒者の解釈の比較
    • 五、結論
  • 第八章 日本儒者の『論語』「五十而知天命」解釈
    • 一、はじめに
    • 二、「五十而知天命」の解釈とその発展
    • 三、日本儒者の経典解釈方法・その一−「コンテクスト化」の経典解釈方法とその問題
    • 四、日本儒者の経典解釈方法・その二−「即存在論本質」の経典解釈方法とその問題
    • 五、結論
  • 第九章 日本儒者の経典解釈の伝統的特質
    • 一、はじめに
    • 二、「理」学の反措定としての徳川実学−『論語』解釈学の反朱子学的側面
    • 三、政治論としての徳川実学−『論語』解釈学の経世的性格
    • 四、結論